現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パイオニア赤字拡大、カーOEM事業を抜本的見直しへ 2018年4-6月期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.7

パイオニア赤字拡大、カーOEM事業を抜本的見直しへ 2018年4-6月期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイオニアは8月6日、2018年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。最終赤字は前年同期の20億3500万円から66億2035万円に拡大した。

売上高は、カーエレクトロニクスにおいて、テレマティクスサービスやOEM事業が増加したことにより、前年同期比0.6%増の838億1100万円となった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

営業損益は、販売費および一般管理費は減少したが、OEM事業における減価償却費の増加や為替の影響などにより原価率が悪化したことから、損失は前年同期の2億4300万円から15億7500万円へ。経常損失も同12億3000万円から20億1300万円へ拡大。さらに営業損益の悪化や、特別損失として、欧州企業との特許ライセンス契約に関する特許訴訟関連損失引当金繰入額20億2100万円や、競争法関連損失13億2300万円を計上したことなどにより、最終赤字は66億6300万円となった。

通期業績見通しについては、売上高3800億円、営業損益50億円の赤字とした前回予想を据え置き。しかし、最終損益については、厳しい収益状況が続いているカーエレクトロニクスOEM事業の抜本的な見直し施策の検討を進めているとして、発表を見送った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します