現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日産ヘリテージコレクション】日産車の歴史を正しく後世に継ぐ「再生クラブ」というスペシャリスト集団とは?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.6

【日産ヘリテージコレクション】日産車の歴史を正しく後世に継ぐ「再生クラブ」というスペシャリスト集団とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日産ヘリテージコレクション」のコレクションホール全体に漂うのは、ちょっと懐かしい「旧車」の香りです。鼻孔をくすぐるこの香りだけでビンテージカー好きなら昇天してしまうことでしょう。

そして、市販車以上にオーラを放っているのが、モータースポーツ参戦車両の数々です。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

レプリカではなく、実際使われた車両だけが放つそのオーラ。実際にレースを観に行った方ならなおさら、手を触れる距離に憧れのマシンがあることに感動することでしょう(実際に触れてはいけません)。

それでも、展示にあたっては専門のレストア集団である「再生クラブ」の手を経ているマシンもあります。ただその際も、ことさらきれいにレストアするのではなく、当時そのままの雰囲気をキープさせるという職人技が発揮されています。

とくにクラッシュを経たラリーマシンなどは、ボディパネルの凹みや外れて垂れ下がってしまったランプまでも参戦当時のまま。灯火類を失ってしまうと失格となってしまうのでむりやりワイヤーで固定するという荒々しさですが、それはあえてそのまま。

これは「フィニッシュコンディション」といって、ゴールした時点の状態をキープするという掟に則ったものだそうです。

実際は参戦することのなかったケンメリのレース仕様に、史実に忠実にS20エンジンを載せるなど、これまで日産が紡いできた正確なアーカイブ構築もまた、ここ座間の「再生クラブ」が支えているようです。

(写真:井上 誠 文:Kaizee)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar kaizee)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tor*****|2018/08/07 01:40

    違反報告

    日産には常設の博物館が無いのが返す返すも残念

    座間工場〜カレスト座間跡地をイ◻︎ンなどに売らないで立派な博物館を作ってもらいたかったのだが

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します