現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「GT-R」を名乗れなかった? 日産「高性能スカイライン」とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.6

なぜ「GT-R」を名乗れなかった? 日産「高性能スカイライン」とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■GT-Rになれなかった高性能スカイラインたち

 1973年に「スカイラインGT-R」の生産は一旦途絶えました。しかし、「スカイライン」は日産の高性能GTカーとしての役割を担い、走りに魅了されたユーザーから熱い支持を集めることになります。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 そして、1989年のGT-R復活の前に、GT-Rになれなかった高性能スカイラインが2車種あります。

 1台目は、1981年に登場した6代目「スカイライン(R30)」です。このスカイライン時代に「RS」というグレードがありました。直列4気筒 DOHC 4バルブのFJ20型エンジンを搭載したモデルです。

 のちに、ターボチャージャーを装着した「2000ターボRS」を追加します。インタークーラー付きのこのモデルは、当時としては高出力の200PSを超える高性能車でした。

 この当時の「RS」シリーズと言えば、前期型の赤いクルマがテレビドラマ『西部警察』の劇中車「マシンRS」として登場。子供から大人まで人気だったほか、後期型はフロントグリルのないスタイリングで『鉄仮面』とも呼ばれていました。そんなことから今でも一部マニアの間では憧れのクルマとなっています。

 この「RS」が「GT-R」を名乗れなかった理由としては、6気筒エンジンでなかったためといわれています。ただし、「スカイラインGT-B」からはじまる高性能スカイラインの血筋を引いていることは明らかです。

 また、当時のスカイラインは、フロントサイドに『GT』や『TI』といったグレード名を記した五角形のバッヂがありました。初代「GT-R(前期PGC10型)」の前身である「スカイラインGT-B」が赤バッヂを採用し、その後は「GT-R」だけが赤バッヂを採用していた中で、このRSも赤バッヂだったからです。そして、1989年に登場した3代目「スカイラインGT-R(BNR32)」も赤バッヂを採用しています。

■「GT-R」の復活はすぐそこだと確信した「GTS-R」

 2台目のクルマは、1985年に登場した7代目「スカイライン(R31)」モデル末期の1988年に限定車で登場した「スカイライン GTS-R」です。

 車種名の「S」がなければ「GT-R」になったスカイラインですが、レース参戦用として参戦基準を満たすために800台限定で販売されたクルマです。

 1988年に登場ということで、翌1989年に登場の3代目「スカイラインGT-R(BNR32)」の開発も完成一歩手前という時期と思われます。

 6気筒エンジンを搭載し、「GT-R」になる資格はあったのかもしれませんが、エンジンのパワーだけでなく駆動方式がすべて一新されて最先端を行った3代目「スカイラインGT-R(BNR32)」に比べると、GT-Rを名乗るには実力不足だったのかもしれません。

 なお、7代目「スカイライン」のGTS-Rは、社内クラブ「日産名車再生クラブ」で2017年にレストア対象となったクルマです。GT-Rを名乗れなかったものの、再生すべき価値のある名車ということが認められ、多くの人の印象に残っているクルマといえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター 正田拓也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します