現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レンジローバー は2ドア、人気上昇中の初代が日本に…オートモビルカウンシル2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.5

レンジローバー は2ドア、人気上昇中の初代が日本に…オートモビルカウンシル2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートモビルカウンシル2018で目を引いたモデルの一台に、初代ランドローバー『レンジローバー』(Land Rover Range Rover)があげられるのではないだろうか。UK CLASSIC FACTORY (UKクラシックファクトリー)ブースでも2ドアのレンジローバーが展示・販売されていた。

世界中の名だたるブランドが、自らの世界観を盛り込んだ高級オフロードモデルを市場に投入している昨今、そのオリジナルと言えばやはりレンジローバーだ。今までもファンの多いレンジローバー、車種構成の拡充が図られてきており、新たなファンの取り込みが進められている。

    2ドアクーペスタイルの特別なレンジローバー、価格は約3500万円

レンジローバーが、もともと2ドアボディから始まったことを知る人は案外少ないかもしれない。現在一般的となった4ドアモデルは、2ドアの初代レンジローバーをベースに、スイスのモンテベルディが『サファリ』というSUVを完成させ、こちらは後席へのアクセスを可能にするドアを設けた4ドアボディであり、このアイデアを取り入れてレンジローバーにも4ドアモデルが加わったという経緯がある。

乗る人のクラス分けが明確になっていた英国車。大きな城郭を代々受け継ぎ、広大な領地を要するようなユーザーが、敷地内を巡回したり、ハンティングに出かける際に乗るためのクルマ。それがレンジローバーだ。高級だがとてもパーソナルなクルマ。そんな性格が、長く2ドアをメインに作られた理由なのかもしれない。

高級SUVが流行る中、この2ドアのオリジナルレンジローバーもにわかに人気が出てきている。そんな流れを受けてUK CLASSIC FACTORYは、今回のオートモビルカウンシルでは、イギリスで買い付けてきたばかりのレンジローバーを展示した。

「昨年創立70周年を迎えたランドローバー社が、自社でフルレストアし、10台限定で販売すると発表しましたが、かなり納期に時間を要することが予想されます。ほぼ同系のカラーの個体で、すぐに納車できる点は、魅力的に感じていただけるのではないでしょうか」とUK CLASSIC FACTORYの勝見代表は話す。

またブース内では、キザス株式会社が輸入を手掛けるデンマークの高級スピーカーDYNAUDIO(ディナウディオ)の紹介も併せて行われた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 中込健太郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • x24*****|2018/08/06 14:22

    違反報告

    軍用車は2ドアが当たり前だったし、普通の感覚だったろう。エスクード、テラノ、RAV4も2ドア先行だったが、トラックの派生だったり、売れ行きが不明だったりだろう。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します