現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 何でトヨタブースに日産車が!?  展示されているのは、なんとセドリックスペシャルだ!!

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.4

何でトヨタブースに日産車が!?  展示されているのは、なんとセドリックスペシャルだ!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年より開催され、3回目となるオートモビルカウンシル。注目は、最新モデルよりもヘリテージカーが中心ということ。テーマとしては、CLASSIC MEETS MODERNとして、過去から現代に至る歴史にスポットライトをあてて、ブランドの持つフィロソフィを浮き彫りにするというもの。

 前回同様に今回も、自動車メーカーだけでなく、ヘリテージカー販売会社も32社出品し、歴史的な車を見るだけでなく購入することもできるという点が特徴だ。
 中でもとりわけあっと驚かされたのが、トヨタブース。その中に展示されているのは、なんとセドリックスペシャルだった。セドリックの中でも2.8ℓ直6エンジンを搭載する、3ナンバーモデルとして登場。写真のモデルは1964年式で、東京オリンピックの聖火車だったもの。つまりは、トヨタ博物館に所蔵されているモデルだ。

    名車さまざま、カタチもさまざま。この個性が今の車には足らないのでは? その2


 今回は、トヨタ博物館としての展示で、ここに小さなトヨタ博物館を再現したとも言えるものだった。そのほかに展示されているのは、トヨタ2000GTの最高速度記録モデル(1966)のレプリカ、パブリカスポーツ(1962, コンセプト)、3代目コロナ(1964)、トヨタ7(1969, レーシングカー)など。日本の発展著しかった1960年をテーマに据えていた。

 担当者はもっと別メーカーのモデルも展示したかったと語るが、ブースにも限りがあって仕方なかったという。そのかわりではないか、日本お様々なメーカーの車のカタログも展示され、60年代の日本の自動車史を垣間見ることができた。
 ちょっとばかり、トヨタの懐の深さをも垣間見せた展示でもあった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan CAR STYLING編集部 松永 大演)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2018/08/05 04:19

    違反報告

    この『セドリック』の室内には、よく『スーパーパーカブ』などのオートバイの後部に取り付けて「オカモチ」や「寿司おけ」などの運搬をしている「出前品運搬機」が据え付けられており、車体が傾いても必ず水平を保ち、また、かなりの振動にも耐えられるようになっています。

    この、出前品運搬機業界最大手「マルシン」の出前機を後部座席中央に据え付けたセドリックは、1964年の東京オリンピックの聖火リレーの際、リレー走者が持つトーチの聖火が万が一消えた場合に備え、予備の聖火を積載して、全国の7千キロのリレーすべてに伴走し、見事に聖火を消すことなく務めを果たしたそうです。
  • saw*****|2018/08/05 15:42

    違反報告

    自分が聖火リレーで見たのは殆どがプリンスグロリアでした セドリックの印象は全く無かった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します