現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中国製電動自転車に反ダンピング措置、欧州委が暫定発動

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.3

中国製電動自転車に反ダンピング措置、欧州委が暫定発動

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州委員会は18日、中国製の電動自転車に対して暫定的な反ダンピング(不当廉売)措置を発動すると発表した。すべての中国製電動自転車を対象に、19日付で反ダンピング関税を課す。税率は21.8~83.6%。

欧州委は欧州自転車製造者協会(EBMA)の申立てを受け、2016年10月に中国製の電動自転車に対する反ダンピング調査を開始した。調査は終わっていないが、ダンピングの疑いが濃厚として、暫定的な反ダンピング措置の発動に踏み切った。適用期間は6カ月。欧州委の調査でダンピングが正式に認定されれば、最長5年の正式な反ダンピング措置に切り替えることになる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

欧州委によると、EUの電動自転車市場では中国製品の販売が14年から17年にかけて3倍に増加。中国製が35%のシェアを握っている。
欧州委は中国製品が政府系銀行から有利な条件で融資を受けたり、助成、税優遇などの形で実質的に不当な補助金を提供され、これによってEUに廉価で製品を供給している疑いがあるとして、反ダンピング調査のほか、反補助金調査も進めている。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL CL編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します