現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「スーパーカブ」誕生60周年モデル発売 全米で話題を呼んだイラストをモチーフ

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.2

ホンダ「スーパーカブ」誕生60周年モデル発売 全米で話題を呼んだイラストをモチーフ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■誕生60周年を迎えたスーパーカブシリーズの人気とは?

 ホンダは、1958年8月に初代「スーパーカブC100」を発売して以来、誕生60周年を記念し、特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」をそれぞれ11月22日(木)に受注期間限定(受注期間:2018年8月1日(水)から10月31日(水))で発売します。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 スーパーカブシリーズは、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層に愛されているモデルです。シリーズとしての世界生産累計は、約1億200万台(2018年6月末時点)を超え、生活に密着した二輪車として世界各国で高い評価を得ています。

 スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーモデルについて本田技研工業 広報部 二輪広報課の村瀬弘晃さんにお聞きしました。

――現在スーパーカブを販売している国は何カ国ありますか?

 これまでのべ160カ国以上で販売しております(現時点の生産国数は15カ国です)

――本日発表されたスーパーカブ60周年アニバーサリーモデルですが、米国で展開されたカラーリングを選んだ理由は教えてください。

 1963年に米国で展開され話題を呼んだ「ナイセスト・ピー プルキャンペーン」広告に描かれたイメージイラストをモチーフとしています。この「ナイセスト・ピー プルキャンペーン」は、スーパーカブは日常の暮らしに密着した手軽な乗り物として新しい価値を全米にアピールしたことで、アメリカ社会に根づいていたモーターサイクルに対する邪悪なイメージを払拭し、全米規模の爆発的なヒット商品に成長させた、60年の歴史でエポックメイキングなカラーリングをオマージュしています。

――日本マーケットでの反響(ユーザーの反応など)をお聞かせください。

 本日発表しましたので受注状況はまだ捉えておりませんが、Hondaウエルカムプラザ青山での発表会にお見えになったお客様からはマグナレッドのカラーリングは大変好評価を頂いております。

※ ※ ※

 スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーモデルは、マグナレッドを主体としたボディーカラーに、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバー、ツートーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアを採用するなど、特別なカラーリングを施しています。また、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムをサイドカバーとキーにそれぞれ採用しています。

 限定販売されるスーパーカブ60周年アニバーサリーモデルの価格は「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」24万3000円(税込)「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」28万6200円(税込)です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します