現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタル、大型トラックの巻き込み事故防止システム開発…AIが歩行者や自転車の動きを予測

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.2

コンチネンタル、大型トラックの巻き込み事故防止システム開発…AIが歩行者や自転車の動きを予測

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタルは8月1日、ドイツで9月に開催されるハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、大型トラック向けの最新の「右折(日本では左折)支援システム」を初公開すると発表した。

このシステムは、歩行者や自転車の巻き込み事故を防止するための安全装置。交差点を曲がる際などに、大型トラックの内輪差ゾーンに入る動く物体や静止物体を検知。危険が発生した場合には、ドライバーに警告を発する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

また、このシステムでは、レーダーをベースにしており、歩行者や自転車の位置を検知し、衝突が起きるまでの時間を計算する。危険な状況と危険でない状況をより正確に区別し、レーダーとカメラによって安全性を高める。衝突が回避できないと車両が判断した場合、自動で緊急ブレーキングが作動する。

さらに最新のシステムでは、人工知能(AI)や機械学習、ニューラルネットワーク、イメージング技術を活用。高速で接近する自転車も検出する。人工知能が、歩行者や自転車の動きを予測し、ドライバーに知らせる。

欧州では大型トラック向けに、このようなシステムの義務化が求められている。しかし、EUが法律を制定するまでには、数年かかる見通し。コンチネンタルは今後も、右折支援システムのさらなる開発に集中的に取り組む、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します