現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱が生産する日産の軽自動車に、日産系の先進安全装備がついた!?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.2

三菱が生産する日産の軽自動車に、日産系の先進安全装備がついた!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、久しぶりに日産の軽自動車「デイズ」に乗る機会があった。日産と三菱のジョイントベンチャーである「NMKV」によって企画され、三菱の水島工場にて生産されているデイズは、三菱では「eKワゴン」として販売されているモデル。商品企画としては日産の意思が入っているものの、メカニズムとしては三菱マターの部分がほとんどのモデルという印象があった。

さて、NAエンジン車は燃費重視でライバルに対して力不足に感じることもあるデイズだったが、日産の販売力もありデビューからは売れに売れていた。もっとも、2016年に発覚した燃費偽装という問題もあり、また周囲がモデルチェンジを進めたこともあって近年はかつての勢いはないが、それでも市場の中での存在感はしっかりと守っている。

    ゴーン社長インタビュー。燃費不正からクルマの魅力までツッコむ

そんなデイズが2018年5月に実施したマイナーチェンジの内容は、一見すると先進安全装備のアップデートというもので、それ自体は珍しいものではなかったが、今回実車を確認すると同時に日産のマーケティング担当者から聞いた言葉には驚かされた。

デイズのAEBS(衝突被害軽減ブレーキ)は、マイナーチェンジ前までは赤外線センサーを用いた低速だけで効くものだったが、マイナーチェンジ後は単眼カメラを用いたシステムへと大きく進化している。約10m/h~80km/hまでの範囲で作動する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、車両はもちろん歩行者も検知するものへと進化している。

そして、進化したAEBSを支える単眼カメラは、日産マターだというのだ。つまり日産がアピールしている自動運転技術による運転支援システム「プロパイロット」の使う単眼カメラの技術が軽自動車のデイズにも搭載されたのだという。ということは、三菱が開発したクルマに日産の技術が載ったということになる。前述したようにNMKVを媒介にジョイントしている両社であるし、また燃費偽装問題の後に資本関係も結んだので、流れとしては驚くことではないが、マイナーチェンジ時に日産由来の技術が載ったことは電子プラットフォームの視点からも意外だったし、それだけ日産が軽自動車に注力しているともいえる。

現在、開発中の次期・軽自動車は日産主導で開発されているとも聞く。はたして、軽自動車にも「プロパイロット」が搭載されることになるのか。市場トレンドからすると軽自動車にもADAS(先進運転支援システム)が求められつつあるように感じるだけに、期待が高まってしまう。

(文・写真:山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yos*****|2018/08/02 11:18

    違反報告

    スタリオン ランサーターボ ギャラン パジェロ ミラージュサイボーグがあった頃が懐かしい(T_T)
  • kai*****|2018/08/02 11:51

    違反報告

    自分は 幼少期より車好きで、メーカーとか 偏見抜きで試乗する。
    しかし… 殆どの人は、三菱の問題があり ブランドイメージで購入するから、日産で販売した方が 売れる。
    個人的には、ディーラーの対応が最悪で 愛車を手放したのは… 20年前のトヨタでした。
  • met*****|2018/08/02 13:27

    違反報告

    エンジンは他社にかなり劣る。
    馬力が低いのに燃費も芳しくない。
    馬力が他社の52~54馬力と比べ49馬力しかないのなら燃費では他社を上回らないと意味がない。
    燃費が悪いならその分走りを他社より良くするとかしないと購入意欲はわかないと思う。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します