現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 7人乗りのBセグ車という奇跡:キューブキュービック

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.1

7人乗りのBセグ車という奇跡:キューブキュービック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトなのに7名乗車ができる3列シート車。狭い日本ではいかにも使い勝手が良さそう。しかも、デザインが好評で人気だったクルマに設定された仕様。キューブキュービックとはそんなクルマだった。

 現行キューブはだれがどう見ても先代の面影を強く残していて、それはつまり先代キューブがヒット作だったことを示す。「クルマのお部屋化」なんて少々揶揄気味に言われていた頃に、それを逆手に取ってかそれとも無意識にか、とにかく機能的かつおしゃれな空間としてのキャビンというコンセプトを打ち立て、優れたパッケージングとキャラクターの立ったエクステリアデザインで、老若男女を問わずに支持されたクルマだった。自身の経験を振り返っても、Z11型キューブを街中で初めて見たとき、対向車として走ってきたそのクルマに「ななななんだあのクルマは? 格好いい!」と急ブレーキをかけてしまい、後続車に怒られたのを思い出す。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 そんなキューブにストレッチ版のキュービックが登場したのは、キューブデビューから11ヵ月後のこと。先述のように、真四角のようなキャビン構成という優れたパッケージだっただけに、3列シート仕様というキーワードはいかにも魅力的だった。「キューブキュービック」というネーミングのセンスの良さと言ったら!



 キュービックの3列目シートは先般紹介したパッソセッテ/ブーンルミナスと比べても少々窮屈そう。2列目シートは前後スライド機能が備わっていて、キュービックの室内写真はキューブと比べると前に送られているのがわかる。それをもってしても3列目のフットスペースは相当に小さい。
 とはいえ、このサイズのクルマにおいて「3列目が使い物にならない」と言うのはあまりに野暮というもの。そもそもの絶対的な寸法を考慮してほしい。このクラスで3列シート車を仕立てようと思ったその心意気に乾杯である。

 さて、一見しただけでは違いがわからないキュービック/キューブだが、実際に横比較してみると結構長さが異なるのがわかる。

全長3900 × 全幅1670 × 全高1645 × 軸距2600mmがキュービック。
全長3730 × 全幅1670 × 全高1540 × 軸距2430mmがキューブ。

ホイールベースが170mm伸びていて、それがそのまま全長延長になっているという設計である。

 日産も、常時設営としての3列目シートではなく、高いユーティリティ性能を訴求していた。普段は荷室床面として用いながら、いざというときにはシートにもなるという使い方である。

 乗降性については並といったところか。とはいえ、2ドアクーペの後席に乗り込むことを考えればキャビンの高さがあるのでさほど困難ではないだろう。上の室内比較写真を見ても、2列目座面横に乗降時にも用いるティルトレバーが備わっているのがわかる。

 運転席の眺望は非常に良く、これはAピラーが立っていてしかも根元がドライバーの近くにあることが効いているだろう。車体がスクエアで四隅の把握がしやすいのも大きな助け。頭上空間が広いので高めのポジションをとれば非常に安心してドライブできる。

 日産はこのキューブを皮切りにモダンリビング × クルマという方向性を強め、続くティアナでも非常にクリーンでモダンなインテリアが話題を呼んだ。キュービックにおいても、なんとあのテレンス・コンラン卿が着目。2003年の東京ショーに「キューブ キュービック + コンラン&パートナーズ」として出品された。

 結構な人気で街中でもよく見かけたキュービックだったが、なぜか現行キューブへのフルモデルチェンジに当たっては設定がなく、それきりになってしまった。このサイズの7名乗車コンパクトカーとしてはまだまだ着目の一台である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します