現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル・フォレスターが階段やシーソーを激走! スバルファンはお台場へGO

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.1

スバル・フォレスターが階段やシーソーを激走! スバルファンはお台場へGO

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特設コースを助手席で楽しめるイベントをお台場で開催中

 スバルはお台場・青海周辺エリア(東京都港区・江東区)で行われている、「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」で同乗試乗イベント「スバル フォレスター アドベンチャー」を開催中。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」とはフジテレビの社屋イベント。テレビの世界を体感できる番組アトラクションや野外ライブ、グルメスペースなどが楽しめる、その名のとおり夏のお祭りのような催しだ。

 フォレスターは6月20日にフルモデルチェンジが施され、新型として登場したばかり。その乗り味が気になる方も多いのではないだろうか。そんな方にこのイベントは絶好の機会だろう。

「スバル フォレスター アドベンチャー」では2つのコースが用意される。

 1つ目は大階段を走破する「Giant Hill」。番組などでもよく目にするフジテレビ本社屋の大階段に設けられた特設コースを、フォレスターで走行するという大胆な内容だ。

 実際に体験してみると、走り出しは坂下がよく見えないほど急な坂を下っていくためかなりの迫力。だがそんな傾斜でも一定の速度をクルマがキープしてくれる「ヒルディセントコントロール」を使って下っていくフォレスターの走りには安心感があり、進む程に恐怖心は払拭されていく。

 上りも同様、空しか見えないぐらいに車体が傾く瞬間もあったが、クルマはスピードを落とすことなく前進。この勾配をものともしない走り、じつに頼もしい!

 そして2つ目のコースは「Wild Road」。こちらはさながらクルマで行うアスレチックといったところ。

 まずはアイサイトのクルーズコントロールの機能を使って前のクルマに追従しながら入口を目指す。そしていよいよコースイン!

 モーグルやシーソーなどさまざまなアトラクションが設置され、フォレスターの性能をめいっぱい楽しめる。

 タイヤが空転し普通のクルマだと進めなくなってしまうような状況では、スバル自慢のAWD性能をさらに高める機能「X-MODE」を活用して脱出。

 そして最後はあっと驚くクライマックスが待ち受けている。こちらは実際に体感した人だけのお楽しみとしておこう!

 このイベントでは新型フォレスターの走りや性能を確かめることができるほか、TVで人気のショートアニメ『紙兎ロペ』とタイアップを行っているため、可愛らしいキャラクターを随所で目にすることができる。

 大人から子供まで楽しめる内容となっているので、是非この夏の思い出に足を運んでみて欲しい。

 【イベント概要】

 開催期間: 2018年7月28日(土)~9月2日(日) 受付場所: フジテレビオフィスタワー1Fエントランス 参加条件: 「Giant Hill」…未成年者は保護者同伴必須、身長120cm未満は同乗不可 「Wild Road」…未成年者は保護者同伴必須、身長135cm未満は同乗不可 ※「Wild Road」は本社から離れているためイベント専用送迎バスで移動 URL: https://www.subaru.jp/event/odaiba/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 編集局 乾ひかり )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します