現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カッコいい? イマイチ? あの復刻車はアリかナシか

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.31

カッコいい? イマイチ? あの復刻車はアリかナシか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済が減速し、社会が定常化すると、逆に過去が新しく感じられる。クルマの世界でも、ネオクラシックカーが穏やかなブームになるなど、リバイバルの風潮は確実に感じられる。

 そんな風潮の真骨頂が復刻車だ。復刻車というと、言葉の響きは「オリジナルを忠実に再現したクルマ」のように感じられるが、ここでは過去の名車のエッセンスを取り入れたクルマ全般を指すことにしよう。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 過去を振り返り懐かしむ復刻車。それは前向きなのか後ろ向きなのか!? そこんところをモデルごとに判定していこう。

※本稿は2017年のものです。


文・判定:清水草一


写真:ベストカー編集部


初出:『ベストカー』2017年8月26日号

■No.1 日産 IDx(2013年11月 東京モーターショーにて発表)

 2013年の東京モーターショーで初公開されたIDxニスモ(下)とIDxフリースロー(上)。1960~1970年代の日産箱型スポーツセダンや2ドアハードトップを連想させる。サイズは全長約4.1m、全幅約1.8m、全高約1.3m。

◎清水草一の判定………アリ!!

 これまで登場した国産復刻モデルのうち、最も欲しいと思わせる要素豊富なショーカーだったと考えている。逆スラントノーズや直線基調のフォルムに普遍的な魅力があっただけに残念。

■No.2 スバル エルテン(1997年11月 東京モーターショーにて発表)

 1997年の東京モーターショーに出展されたエルテンはスバル360をモチーフにしながらも4ドア。46ps/5.8kgmの658cc直4ガソリンエンジンのパラレルハイブリッド+4WDを搭載。

◎清水草一の判定………ナシ!!

 最も復刻するにふさわしい国産車はスバル360の復刻ショーカーだと思っているが、こうして見てもあまりそそられない。オリジナルは実にすばらしいクルマだが、復刻されるほどではなかったということなのか。

■No.3  トヨタ オリジン(2000年11月発売・限定1000台)

 初代トヨペットクラウンRSをモチーフに手作業で製作された。発売当時700万円だったが、約17年経った現在でも中古車相場が180万~450万円というのは凄い。

◎清水草一の判定………ナシ!!

 登場時は観音開きのドアを筆頭に「よくぞ作った!」と思ったが、時が経つにつれ、ミツオカ的ニセモノに見えてきた。実際、プログレをベースに初代クラウンっぽいクルマを作っただけで、そこに発展性はない。

■No.4 マツダ コスモ21(2002年1月 東京オートサロンにて発表)

 NB型2代目マツダロードスターをベースに初代コスモスポーツの後期型をモチーフにしてエアロパーツも換装。足回りもロードスターをそのまま流用し、RX-8用のロータリーエンジン・レネシスを換装した作品。それほど評価されず、発売されることはなかった。

◎清水草一の判定………ナシ!!

 新しい提案が感じられず、単に低コストで復刻可能なニセモノになっている。確かにコスモスポーツは魅力的なクルマだが、仮にこういうクルマが発売されても、あえて欲しがる人はごくわずかだろう。

■No.5 トヨタ FJクルーザー(2010年12月 日本発売~2018年1月 生産終了)

 2006年の発売当初は北米のみの販売だったが、2010年12月からは日本でも発売。ランクルプラドと共通のラダーフレームをもつ本格的なSUVでデザインもFJ40系をモチーフにするが現代的にモデファイされている。

◎清水草一の判定………アリ!!

 グリルや直立したガラスなど、一部にランクル40系のモチーフを取り入れたことで、魅力的なモデルになった。

■No.6 トヨタ クラシック(1996年9月発売、限定100台)

 5代目ハイラックスダブルキャブをベースにトヨタテクノクラフトがトヨダAA型乗用車をモチーフに製作。発売時800万円だったが現在の中古車市場は約20年経った今では200万~320万円とトヨタオリジンより安い。

◎清水草一の判定………ナシ!!

 トヨタ初の乗用車・AA型を復刻したというのは、トヨタ関係者にとっては思い入れが深いだろうが、それ以外の者にとっては正直価値はない。歴史を大事にすることは大切なことではあるが……。

■No.7 ダイハツ ミゼット2(1996年4月発売、2001年3月生産終了)

 初代をモチーフにして1人乗りのピック(トラック)と、屋根付きの2人乗りカーゴもあった。

◎清水草一の判定………ナシ!!

 小口配達に絞ったコンセプトは初代ミゼットと同じで、ミゼットを復刻すること自体はいいのだが、デザインに機能性が乏しかったのが残念。何に使うにも中途半端なので、人気が出なかったのはしかたなかろう。

■No.8 トヨタ ランクル70(2014年8月~2015年6月の期間限定販売)

 2004年に生産終了したが1年限りで復活。現在の中古車市場は高値維持傾向にある。

◎清水草一の判定………アリ!!

 30年間作られてきたランクル70をそのまま作った復刻車。これこそ復刻車中の復刻車。こういう試みは大歓迎。

■No.9 ホンダ N-ONE(2012年11月発売)

 N-BOXから始まったホンダのNシリーズ第3弾。2015年には低全高モデルも販売された。

◎清水草一の判定………アリ!!

 ホンダN360はそれほどの傑作ではなかったが、「どことなくレトロ」という雰囲気だけいいところ取りしつつ、デザインのまとまりがイイ。

 国産車で実現した復刻車に、成功例は少ない。最大の成功はFJクルーザーあたりだが、ほんのモチーフだけにとどめたのが成功の理由だった。トヨタ・オリジンやクラシックは、オリジナルにしばられすぎて、ミツオカ的ニセモノになってしまっている。

 そんななか、日産のIDxには期待したが、生産化の見通しはゼロ。510ブルーバードの復刻というより、昭和のFRクーペ全体の復刻版と言えただけに残念だ。

【番外コラム】 ミツオカに直撃!! 復刻車を作ってくれませんかぁ!?

 光岡は2004年10月、マレーシアのTDカーズが生産するMG-TDのリプロダクションモデル「TD2000」(1950年代に英国MG社が販売し、北米で人気を博したオープン2シーター)の輸入販売を手がけた実績がある。

 そこで広報担当者に聞くと「う~ん、残念ながら現段階でお話しできるようなものは決まっていません。ですが、そういった企画はかなり上がってきています。復刻車の人気が盛り上がること自体はいいことだと思っています。1991年にS13シルビアベースで販売したラ・セードを2001年に200台限定で販売したこともありますが、今後はそのような流れで(復刻車が)出る可能性としてはあるかもしれません」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します