現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 鈴鹿で決めた! F.C.C. TSR Honda Franceが日本チーム初のEWC年間王者に輝く! 

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.31

鈴鹿で決めた! F.C.C. TSR Honda Franceが日本チーム初のEWC年間王者に輝く! 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■地元鈴鹿でEWC年間チャンピオンに!

 2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ(以下、EWC)最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会が、7月29日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで開催され、「F.C.C. TSR Honda France」が5位でゴールし、日本の耐久チームとしては史上初めてEWC年間チャンピオンを獲得しました。

    キアヌ・リーブスも注目!? 世界最大級のバイクレース「鈴鹿8耐」とは

「F.C.C. TSR Honda France」は、2016年よりEWCにフル参戦を開始し、初年度をランキング7位で終えると、翌シーズンの2016-17はランキング4位と着実に前進しました。

 今季2017-18シーズンは、開幕戦ボルドールで3位表彰台を獲得し、第2戦ル・マン24時間耐久レースで日本チームとして初の優勝を果たしています。

 その後も第4戦での勝利を含め、全戦で表彰台にたち、総合首位で最終戦の鈴鹿8耐に今回臨みました。

 天候が不安定な中、危なげない走りをするF.C.C. TSR Honda Franceは、序盤から続くアクシデントにも惑わされず着実に順位を上げていきます。

 レース終盤F.C.C. TSR Honda Franceのフック選手は、闇夜に包まれる中、ポイントランキング2位の前年チャンピオンGMT94 Yamaha Official EWC Teamと激しいバトルを展開します。

 堅実なピットワークでF.C.C. TSR Honda Franceは、給油を行わず最終スティント(ピットアウトからピットインまで)を無事走りきり5位でチェッカーフラッグを通過。ホーム鈴鹿で世界耐久選手権シリーズ(EWC)のチャンピオンに日本チームとしては初の栄冠となりました。

 F.C.C. TSR Honda France 藤井正和総監督は、「まず我々がこの場所に立てたのは鈴鹿のおかげだと言いたいです。『鈴鹿で勝ちたい、結果を出したい』と思いながら、チャレンジを続けてきました。私は世界中のサーキットで表彰台に登ってきましたが、鈴鹿の表彰台は別格です。来年は鈴鹿8耐の本番でも勝ちたいですね。我々は、トップライダーを揃えているわけでもないし、マシンもトップではない、チームだって特別なものではないです。それでも世界一になれるということを本気で思っていました。このような結果を残せたのは、日本の皆さま“Team Japan”が支えてくれて、後押ししてくれたからです。鈴鹿に帰ってくれば、必ずチャンピオンになれると信じていました。皆さま、本当にありがとうございました」とコメントしています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します