現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 直進でも右ウインカー… 原付の「二段階右折」は摩訶不思議な交通ルール

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.31

直進でも右ウインカー… 原付の「二段階右折」は摩訶不思議な交通ルール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■摩訶不思議な交通ルール。原付独自のルールとは?

 原付バイクの二段階右折って、いざやるとなるとどうやるんだっけ? と、16歳で原付の免許を取得して講習を受けたにもかかわらず、すっかり忘れてしまっています。さらには、クルマの免許を持っている人は、原付の詳しい講習も受けていないので、知ってはいるけどどうやってやるの? なんてあやふやな人も多いのではないでしょうか?

    意外と難しい!? 原付の交通ルール、ちゃんと理解してますか?

 原付を買ったらまずは、ルールを確認することをお忘れなく。原付は狙われやすいので、ちょっとしたことでも違反切符を切られてしまう可能性があるのです。

 原付の独自のルールで一番わかりにくいのが、二段階右折。この二段階右折とは、普通に小回りして右折してはいけないというルールで、交差点に入ったら直進して右に方向を変えて停止し、先の信号が変わったら進む。という二段階に分けて右折するという、原付独特の右折の仕方となります。

 これは道路交通法で以下のように定められたルールとなります。<道路交通法 第34条 第5項>“原動機付自転車は、第二項及び前項の規定にかかわらず、道路標識等により交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につき交差点の側端に沿って通行すべきことが指定されている道路及び道路の左側部分(一方通行となっている道路にあっては、道路)に車両通行帯が三以上設けられているその他の道路(以下この項において「多通行帯道路」という)において右折するとき(交通整理の行われている交差点において右折する場合に限る)は、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿って徐行しなければならない。

 ただし、多通行帯道路において、交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につきあらかじめ道路の中央又は右側端に寄るべきことが道路標識等により指定されているときは、この限りでない。”

 つまり、二段階右折しなければならないのは、・交通整理の行われている交差点(信号や警察の手信号など)。・3車線以上(多通行帯道路)あって、二段階右折禁止の標識が無い交差点。・二段階右折の標識がある交差点。となります。

 ちょっとややこしいので、警視庁の交通相談コーナーに問い合わせてみると、「信号がある交差点はまず二段階右折する必要があると考えて正解です。信号がある交差点での例外があるとしたら『二段階右折禁止』の標識がある場所のみ。ということは、信号がない、2車線までの交差点だったら『二段階右折』の標識がない限り、普通に右折しても(小回り右折という)大丈夫」ということだそうです。

■具体的な2段階右折の方法とは

 方法としては、交差点の側面に沿って徐行しながら進まなければならない。ということなのです。具体的には、

(1)右折したい交差点にさしかかったら、できるだけ前から左側による。

(2)右ウインカーを出しながら、一番左の車線を直進する。

 このとき、一番左端の車線が左折専用レーンだったりするときがあります。そんな場合でも、一番左橋の左折専用レーンから直進しなければなりません。

 これは、<道路交通法 第三十五条>により、原付は二段階右折の時は交通区分違反から除外されるというルールが適用されるからなのです。正し、左折専用レーンが緑地帯などにより分かれていない場合に限ります。

 また、交差点を直進するのに、右ウインカーを出すのは違うのでは? と思うかもしれませんが、二段階右折はあくまでも右折の方法となりますので、ウインカーを出さないと「合図制限違反」となりますので、ご注意ください。

(3)交差点を直進しきって左側に寄せたら、右に方向転換し停車しウインカーを消す。 一番左の車線まで進んでから方向転換してください。停止線や横断歩道の前に停めることとなりますので、この場合の一番左が左折専用レーンであっても交通区分違反にはなりません。

(4)進む先の信号に従って、直進し右折を完了させる。

 というようになります。

 要は、交差点を小回りしないで、交差点の“側面”をなぞって、大回りしながら信号に従って交差点を渡らなければならない、ということなのです。

 クルマを運転している人も、この原付の独特な動きには注意をしてあげてください。左折車線にいるにもかかわらず、右折のウインカーを出している原付がいたら、それは「二段階右折」をします。という合図なので、この原付は直進するな…と、予測してもらえたら嬉しいのです。

 警視庁の交通相談センターによると「原付のルールで解らないことがあったら、どんどん問い合わせてください」とのことで、丁寧にわかりやすく説明してくださいました。

「また、交通安全教育センターでは、ライディングスクールなどを行っているので、現役の白バイ隊員に直にルールなどを聞く良い機会となっています。こちらにも参加してみてください」とのこと。

 悩んでいないで、こういった場所に足を運ぶのも手っ取り早いかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース サトウマキ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します