現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > グッドイヤー:新オールシーズンタイヤ「Assurance WeatherReady」発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.30

グッドイヤー:新オールシーズンタイヤ「Assurance WeatherReady」発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本グッドイヤーは、8月1日より、オールシーズンタイヤ「Assurance WeatherReady(アシュアランス ウェザーレディー)」を発売する。

 グッドイヤーでは、2016年にオールシーズンタイヤVector 4Seasons(ベクター フォーシーズンズ)の国産化とともにサイズバリエーションを44サイズに拡大したが、この度、新たにウェザーレディーの13サイズを加えることにより、合計57サイズを取り揃えることになる。このウェザーレディーの導入は、近年需要の高まっているSUVに対応するためで、これによりグッドイヤーのオールシーズンタイヤラインアップの市場カバー率は約89%*になる。
*Goodyear調べ: 市場カバー率は、 2017年市場のボリュームベースにて算出

    ZF:新しい取締役を任命

アシュアランス ウェザーレディー 製品テクノロジー

■低温時にも高いトラクション性能を発揮する「大豆オイルテクノロジー」
 従来の石油を原料としたオイルに代わって、大豆を原料としたオイルをタイヤのトレッドゴムに適用する技術。大豆オイル、ゴム、シリカによる新配合オールシーズンシリカコンパウンドの採用により、低温から高温のあらゆる路面状況で高いトラクション性能を発揮する。また、石油系ではなく植物系のオイルを使用することで環境にも配慮している。この技術は、2018年2月にドイツのハノーバーで開催された「タイヤ・テクノロジー・エキスポ2018」において、 「Environmental Achievement of the Year(年間環境功労賞)」を受賞している。

■ 高いウェット性能を支える「エボルビングトラクショングルーブ」
 アウト側リブに配置されたバイアスグルーブ溝(図1 青溝)が排水性を高め、高いウェット性能を発揮。また、タイヤの摩耗が進んだ後も溝になり、排水性を維持する(図2)。


■ 優れたドライ機能を実現する「3D トレッドロックテクノロジー」
 ショルダー部のサイプに配置された「3Dブレード」によってブロックの動きを抑制し、優れたドライ性能に貢献(下図)。降雪時には、エッジ効果により高いトラクション性能を発揮する。また、ショルダー部の剛性を高め、偏摩耗の抑制にも寄与する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します