現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マクラーレン日本支社代表「トラック25実現で日本市場は重要な役割担う」

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.30

マクラーレン日本支社代表「トラック25実現で日本市場は重要な役割担う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社(McLaren)の正本嘉宏代表は7月30日に都内で開いた新型車発表会で、マクラーレンが先日公表したばかりの中期経営計画『トラック25』で「日本が極めて重要なマーケットに位置付けられている」と述べた。

トラック25は、7月12日に英国で開幕したグッド・ウッド・フェスティバル・オブ・スピードでマクラーレンが発表したもので、2025年までに派生モデルを含む新たなモデル18車種導入するとともに、すべての新車のパワートレインを100%ハイブリッド化すること、また2025年までに新たに12億ポンドの投資を研究開発に投じることなどが柱になっている。

    マクラーレンの拡大新戦略、600LTはお飾りじゃない味わうためのスーパーカー

正本代表は「トラック25を実現するにあたり、日本はマクラーレンにとって極めて重要なマーケットに位置付けられている」と明言。

その理由として「現在、スポーツシリーズに関して日本は北米、英国に次ぐ世界3番目の販売規模を誇っている。昨年は受注ベースで前年比78%増という非常に大きな成長を遂げることができた。また国内の保有台数は累計で800台を超えるところまできている」ことなどを挙げた。

さらに「こういったニーズの拡大に対応し、2018年度は5店舗目となるマクラーレン麻布を9月にオープンする。そして今後も引き続き積極的に既存店舗の改修、強化、そして拠点の拡充を図っていく」方針を示した。

続けて「昨年からマーケティング、PRの強化も図っている。5月には芝・増上寺で『セナ』のアジアプレミアを行った。そして本日は7月12日のグッド・ウッド・フェスティバルでワールドプレミアを行ったマクラーレンの最新モデル『600LT』をアジアパシフィックプレミアとしていち早くご覧頂く機会を設けた」と、この日、600LTを都内でアジア初公開した背景を語った。

600LTは『F1GTRロングテール』に由来するLTの名称を冠した公道走行可能なスポーツシリーズの新型車で『570Sクーペ』をベースに開発された。2018年10月から1年間の限定生産で、すでにオーダー受付が始まっており、価格は2999万9000円からという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 小松哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します