現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、2018年6月度と1月~6月累計生産・国内販売・輸出実績を発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.30

スバル、2018年6月度と1月~6月累計生産・国内販売・輸出実績を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月27日、スバルは2018年6月度および1~6月累計の生産・国内販売・輸出実績を発表した。

■6月度の生産・国内販売・輸出実績

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

6月度の生産・国内販売・輸出実績では、国内生産はレヴォーグ、WRXが増加したが、フォレスターの生産終了により大幅に減少。海外生産は、2018年5月に新型アセントの生産を開始したが、インプレッサの新型車効果が落ち着いた影響が大きく、マイナス16%で、7ヶ月連続の前年割れとなっている。今後はアセントの生産ペースアップにかかっている。


国内販売は、改良したレヴォーグ、WRXが増加したが、インプレッサ、XVの新型車効果が落ち着いたこと、フォレスターの在庫はなくなり、新型フォレスターの販売・登録が行なわれていない端境期のため、25%と大きく減少している。軽自動車はシフォン、プレオ、サンバーが減少し12ヶ月連続の前年割れとなっている。

輸出は、フルモデルチェンジを控えている北米向けフォレスターが18.3%減少し、2ヶ月連続の前年割れとなっている。

■1月~6月累計生産・国内販売・輸出実績

国内生産はフルモデルチェンジを控えており、海外向けフォレスターの生産が大幅に減少した結果、トータルで8.5%減となっている。海外生産は2018年5月にアセントの生産を開始したが、インプレッサの新型車効果が落ち着いた影響が大きく、13.4%減少した。


国内販売はインプレッサの新型車効果が落ち着いたこと、フォレスターがモデル末期の在庫販売などの結果、22.4%減少した。また軽自動車はシフォン、サンバーが減少し、2期振りの前年割れとなっている。

輸出は、フルモデルチェンジを控えている北米向けフォレスターが減少したため、2.2%減少している。

スバル 関連情報
スバル公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fla*****|2018/07/30 07:49

    違反報告

    以前、日本にはレガシィがあるって宣伝していましたが、今の日本には廃止されたり、肥大化したボディしかなくなりました。

    当方bpレガシィに乗り続けています。

    海外ばかりに目を向けていると、国内ユーザーを失いかねないと思うのですが。。。
  • sor*****|2018/07/30 07:10

    違反報告

    どこかのやっちゃった会社みたいに
    国内は不調だけど、海外は好調なんで
    それが何か?ってのはやめてね。
  • man*****|2018/07/30 08:02

    違反報告

    運転の楽しさを初めて教えてくれたのが初代のインプレッサ。それからスバルしか乗りたくない気になって二代目のインプレッサに。でも今はない!なんだか昔の日産みたく日本のユーザーを裏切り続けてソッポを向かれて外国の評価もダメダメになりそう。やっぱり典型的なサラリーマン社長じゃ会社をダメにするのですかね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します