現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新世代ジャガーの屋台骨、自社開発の4気筒ディーゼルエンジン──Ingenium

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.29

新世代ジャガーの屋台骨、自社開発の4気筒ディーゼルエンジン──Ingenium

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■Ingenium Dieselシリンダー配列 直列4気筒ディーゼル排気量 1999cc内径×行程 83.0mm×92.4mm圧縮比 15.5最高出力 132kW/4000rpm最大トルク 430Nm/1750rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In/×

 タタ・モーターズによる買収でフォードグループから離脱したジャガー&ランドローバーだが、エンジンに関してはフォードの技術的資産を引き継ぎ、独自の改良を重ねながら使い続けてきた。しかし、4気筒ターボのイヴォークがヒットとなり、Dセグメントカーの市場に乗り出そうとしている今日、最新技術を盛り込んだ4気筒エンジンが必要となった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ジャガー初の完全自社開発エンジンは、Ingenium(ラテン語で“機智”)と名付けられ、まずディーゼル版から登場した。コモンレール式の燃料噴射システム、VGターボ、吸気VVTという最新世代DEの標準的技術はすべて網羅。技術的特徴はむしろフリクション低減の方策と、ブランドイメージから必要とされるNVHの除去策にある。BMWの2.0ℓDEと比較すると見劣りするパワー&トルクは、洗練度で逆転できるということか。新型ランドローバー・ヴェラールなど新型車への展開が進められている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します