現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デュアルクラッチ、ツインクラッチ? トルコンATとかさらにはCVTとか……2ペダルトランスミッションの構造

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sw4*****|2018/07/29 11:11

    違反報告

    そもそも、免許区分の「AT」は Automatic transmission = 自動変速機の事を指しているのであって、変速機自体の機構は別の話。

    AT = Automatic transmission = 自動変速機
    MT = Manual transmission = 手動変速機

    もっと言うと、

    Automatic = 自動
    Manual = 手動

    全く変じゃないと思うが。
    ノークラッチにしろとか書いていたが、クラッチペダルの有り無しと、自動か手動か、短く言葉で表現するにはどちらが適しているか。小難しい理屈を捏ねる前に、分かり易さを前提にするのは初歩の初歩。

    >技術的に現存の変速機を類別すれば以下の4種になります。
     (1)平歯車系を使ったもの (2)遊星歯車を使ったもの (3)可変プーリーを使った無段型 (4)ハイブリッド用の特殊型

    そんな話は免許区分と全く関係無い。
    揚げ足取りにすらなってない。
  • sup*****|2018/07/29 06:45

    違反報告

    単に「遊星ギアATを開発する技術が無かったから」だと思うがね。
    DCTの大きさは昔の6速ATと同等だから、ATを作る技術が無かったドイツとしては、ちょうどいい妥協点だったんだろう。

    ただ、日本では、AT技術が進歩し続け、遊星ギアを使った多段ATが開発され、そして今や昔の6速ATの大きさで10速まで実現できる段階に入っている。

    遊星ギアをつかえないDCTはすでに過去のもので、AMT+多段ギアか、それともトルコン+多段ギアか、のどちらかという時代に入っている。

    ただ、遊星ギアを使ったミッションは、価格が高いのと破損時の交換も高くつくので、途上国は今まで通りバランスが良い5MTがベースだろうとは思う。
  • ext*****|2018/07/29 08:26

    違反報告

    DCTはクソ

    多段ATの方が絶対イイ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します