現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「新型クラウン」好調、受注台数が月販目標7倍の約3万台達成

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.28

トヨタ「新型クラウン」好調、受注台数が月販目標7倍の約3万台達成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2018年7月26日、新型「クラウン」の受注状況が、6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で月販目標(4,500台)の約7倍となる約30,000台を達成したことを発表した。


新型クラウンは、車載通信機DCMを全車に標準搭載した初代コネクティッドカーとして誕生。例えば、リアルタイムの走行データに基づくメンテナンスの案内など「安全・安心」や、「快適・便利」なサービスを、オーナーにとって最適なタイミングで届けていく。走行性能も、意のままに操ることのできるハンドリングに加え、低速域から高速域、スムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない走行安定性を実現している。
※参考記事:挑戦と革新を続けるクラウンがフルモデルチェンジ! 初代コネクティッドカーとして登場

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

【受注状況】

1.受注台数:約30,000台(月販目標台数:4,500台)
2.主な好評点
・伸びやかで流麗なサイドシルエットや、低重心でスポーティな外観デザイン
・正確でシャープなハンドリングと目線のぶれない走行安定性、上質な乗り心地
・「LINEマイカーアカウント」「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービス
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」をはじめとする先進の予防安全技術

トヨタ クラウン 関連情報
トヨタ 関連情報
トヨタ クラウン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します