現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車の未来は「中国」が握る!? これからの電気自動車の行く末とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.28

自動車の未来は「中国」が握る!? これからの電気自動車の行く末とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■いまや世界最大の自動車市場と言われる「中国」

 2000年頃まで、世界の自動車市場を席巻していたのは、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本でした。主要なメーカーもこの3地域に集まり、製造されたクルマのほとんどがこれらの地域で消費されていました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 しかし、2000年代に入ると新興国の経済が活性化し、東南アジアや中南米、インドといった国々での新車販売が急激に増加します。そして、その筆頭格が世界最大の人口を有する中国だったのです。

 2000年には、200万台程度だった中国の新車販売台数は、2009年にアメリカを抜いて世界第一位となり、2017年には2800万台超へと成長しています。しかも、この勢いはとどまるところを知らず、4000万台、5000万台を記録するという予測もあるほどです。

 自動車メーカーにとって最も重要なことは新車を販売することですから、これほどの巨大市場を無視することはできません。あらゆる国の自動車メーカーが、中国市場に狙いを定めたのです。

■増え続ける自動車は公害をまねく

 かつて、高度経済成長期の日本がそうであったように、急速な経済成長はさまざまな社会問題を引き起こします。その最も顕著なものが公害です。増え続ける自動車は、深刻な大気汚染をまねき、北京や上海といった中国の大都市は、世界で最も空気が汚染された都市のひとつになってしまったのです。

 公害問題に対処するため、中国政府はさまざまな対応策を打ち出しました。バスやタクシーなど公共交通車両を電動車化し、エコカーに対して多額の補助金を出す政策をおこないました。また、大都市圏では、オークションもしくは抽選によってナンバープレートを入手しなければクルマを走らせることはできず、入手のためには長い時間をかけたり、数十万円以上の費用をかけたりしなければならなくなりました。

 こうした政策で一定の効果が得られたものの、根本的な改善には至りませんでした。そこで、中国政府は、次なる手段として自動車メーカー側に対する規制を打ち出したのです。

■これからの中国自動車政策とは

 これからの中国自動車政策について、中国自動車事情に詳しい専門家に話を聞きました。

──これからの中国自動車政策は、どのようなものになるのですか

 中国では、「新エネルギー車」、通称「新エネ車」というカテゴリがあります。ここには「プラグインハイブリッド車」(PHV/PHEV)、「電気自動車」(EV)、「燃料電池車」(FCV)といった排出ガスが無い、もしくはとても少ないクルマが含まれ、中国政府が普及を促しています。そのために、中国政府は中国国内で自動車を販売する企業に対して、販売台数の一定割合を新エネ車にすることを義務付けたのです。そして、その台数に満たなかった場合、販売上の大きなペナルティを課すルールを設けたのです。

 この施策は、2019年から実施されますが、試算ではトヨタは約5万台、ホンダや日産は約7万台もの新エネ車を販売する必要があります。この数字は、決して容易に達成できるものではなく、ヨーロッパやアメリカのメーカーも同様です。

 とはいえ、自動車メーカーにとって、世界最大の市場である中国は魅力的です。中国市場でクルマを売り続けるためには、中国の自動車政策が示す「電動化」の波に乗らなければならないのです。

──中国政府が「新エネ車」を推進するのは、環境問題のためだけですか

 もちろん、環境問題が大きな要因であることは間違いありませんが、それ以上に自国の自動車産業発展という悲願があります。中国では、1950年代より自動車の製造を試みていますが、日欧米の自動車メーカーのクオリティには達することができず、中国国内では海外メーカーのクルマがあふれています。やはり100年近くに及ぶ日欧米の自動車製造技術には簡単に追いつけなかったのです。

 しかし、電気自動車をはじめとする新エネ車の時代になって、各自動車メーカーがほぼゼロからクルマをつくらなければならなくなったのです。同じスタートラインであれば、中国の自動車メーカーにも勝機はあります。

 自動車産業が成長することは、自国の経済成長に大きく貢献します。中国政府の自動車政策には、自国の自動車産業発展という意味合いも強いので、巨額の資本をバックグラウンドにもつ中国の新エネ車メーカーは、今後ますます勢力を拡大していくと予想できます。

※ ※ ※

 世界の自動車メーカーを巻き込む中国政府の思惑により急速に電動化の波が押し寄せています。「環境面」「安全面」「先進装備面」とさまざまな分野の技術革新が進むクルマ業界ですが、今後どのような「一手」を各メーカーが出してくるのか、今後の動きからも目が離せません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ncx*****|2018/07/28 11:31

    違反報告

    ただモーターをのっけて走るだけの車なら、何年も前からベンチャー・・・?
    どころか、そこらの町工場でもやってたりする。
    正直大した技術でもなんでもない。
    でも車ってそれだけじゃないでしょう?
    ドイツ車の足回り、シャシ技術、日本車の品質クオリティー、
    アメ車・・・は、おいといて・・・、そんな簡単にパクれるもんじゃない。
    長年培ってきた安全性に対する技術だったり・・・。
    安易にパクれるのは見た目だけでしょ?
    事故った新幹線を土の中に埋めて隠そうとするような国民性ですよ?
    そのスケールのデカさには逆の意味で驚かされましたが、
    あの国民性が変わらない限りは車のメーカーとしては当分先の話。
    まだしばらくはただの消費者でしょ。
    中国車で事故った乗員が簡単に亡くなったり、バッテリーから火が出たり・・・。
    絶対そんなニュースがあるはずだと思うのですが・・・。
    ま、お上肝いりの政策なだけに、サクッともみ消しちゃってるんだろーなァ・・・。



  • tmn*****|2018/07/28 12:39

    違反報告

    EV 、EVって簡単に言うけどその電力を賄うためにこの国は大規模な水力発電所を作って自然を破壊し、また何十基という原発を作ろうとしている。
    シ●ナ人の原発管理なんて考えただけでも恐ろしい。深刻な事故が発生しても知らぬふりして埋め戻すだけだろう。
  • tak*****|2018/07/28 13:07

    違反報告

    先月、一年ぶりにシンセンに行ったら、EVが凄い勢いで増えててビックリしました。バスやタクシーはEV化がすごかった。税金面でもかなりの優遇らしく一般にも浸透しているようだ。
    日本と違って国家の方針でどうにでもなるって凄いよなぁ。日本は利権に縛られて革新が進まない。
    そのうちHUAWEIが自動車作ってコネクテッドカーとかやりそう。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します