現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次の主流はプラグインハイブリッド! いま日本で買えるPHVドイツ車編

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.27

次の主流はプラグインハイブリッド! いま日本で買えるPHVドイツ車編

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界的に有望な存在

 日本ではまだ普及しているとは言い難い販売状況のプラグインハイブリッド。ハイブリッドカーのバッテリー搭載量を増やし、家庭での充電も可能とすることで買い物に代表される普段使いは電気自動車として乗れ、遠出などの時には燃料を給油すればハイブリッド車としてどこまででも行けるクルマだ。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 そんなプラグインハイブリッドカー(以下PHV)は次世代エコカーとして世界的に有望な存在として注目されている。最近ホンダからPHVの新顔としてクラリティPHEVが発売されたこともあり、何度かに分け日本で買えるPHVをいま一度紹介してみよう。

※PHVには一律20万円の新車購入補助金も用意される。

 ドイツ車を含む輸入車のプラグインハイブリッドは、輸入車のエンジンでは主流となっているダウンサイジングターボに、極端に表現すればそのままモーターと大容量バッテリーを加えた成り立ちが多い。エンジンは日本車のプラグインハイブリッドのような高効率化(≒低燃費化)されておらず、バッテリー容量も日本車のプラグインハイブリッドほど多くないことが多い。そのためEV走行可能距離やハイブリッドカーになった時の燃費は日本車に及ばない傾向だ。

 この違いはプラグインハイブリッドがそれなりのEV走行距離を持つことに着目し、EV走行距離と1リッターの燃料で走れる距離で計算される燃費を向上させ、日本車の「EV走行距離が長いハイブリッドカー」に対し、輸入車は「EV走行もそれなりにできて、動力性能も高いハイブリッドカー」というコンセプト、考え方の違いによるものだ。たとえるなら同じプラグインハイブリッドでも草食系の日本車と、肉食系が多い輸入車といったところだろうか。

 フォルクスワーゲン(VW)

・ゴルフGTE(464万円~、EV走行可能距離45.0km) ・パサートGTE(528万9000円~、EV走行可能距離53.3km) ・パサートヴァリアントGTE(548万9000円~、EV走行可能距離49.6km)

 VWのプラグインハイブリッドは1.4リッターターボ+6速DSGに1つのモーターを組み合わせる。走行モードには通常のハイブリッドモードに加え、エンジンとモーターのフルパワーを発揮するGTEモードもあり、GTEモードではゴルフGTEが204馬力、パサートは218馬力というシステム出力になり、爽快な加速を楽しめる。それでいながら3台とも約50kmのEV走行可能距離とリッター20km近いバッテリーが尽きた後のハイブリッド燃費を備えるというのは、価格に納得できるかはともかくとして、日本車も含めなかなかバランスの取れたプラグインハイブリッドといえる。

 BMW&ミニ

・i8クーペ(2093万円~、EV走行可能距離54.8km) ・i8ロードスター(2231万円、EV走行可能距離54.8km)

 BMW&ミニは日本車も含めてプラグインハイブリッドに非常に熱心なメーカーで、ラインアップも多い。

 BMWで未来的なクルマ作りを担当するi部門は、電気自動車とレンジエクステンダー(EVが軸足で、バッテリーが尽きた後シリーズハイブリッドとして使えるハイブリッドカー)を持つi3と、プラグインハイブリッドのスーパーカーであるi8をラインナップする。

 i8はカーボンとアルミを部分によって使い分けたボディ構造、斜め上方に開くドア、ミッドに6速ATと組み合わされる1.5リッター3気筒ターボ(231馬力)、フロントにモーター、センタートンネルにバッテリーを搭載するなど、すべて未来を強く感じさせる4WDのスーパーカーである。パフォーマンスも0-100km/h加速4.5秒、最高速250km/hとスーパーカーに相応しく、それでいながらEV走行可能距離に加えハイブリッド燃費もJC08モードで15.9km/Lと良好で、銀座のような大通りを流すのも似合う独自のポジション、キャラクターを持つエコなのに肉食なスーパーカーに仕上がっている。

・225xeアクティブツアラー(535万円~、EV走行可能距離42.4km) ・ミニクーパーSEクロスオーバーオール4(498万円、EV走行可能距離42.2km)

 この2台はそれぞれBMWグループが持つFFプラットホームを使い、2列シートミニバンの2シリーズアクティブツアラーと文字通りクロスオーバーのミニクロスオーバーというキャラクターを持つ。この2台はプラグインハイブリッドシステムも共通で、システムを大雑把に言えばi8のプラグインハイブリッドシステムの前後を逆にしたような形で、フロントに6速ATと組み合わされる1.5リッター4気筒ターボ(クルマの性格を考慮し136馬力)、リアに駆動と回生制動を行うモーターを搭載する4WDでもある。

 ・330e iパフォーマンス(610万円~、EV走行可能距離36.8km) ・530e iパフォーマンス(825万円~、EV走行可能距離52.5km)

 それぞれ2リッター4気筒ターボにトランスミッションの中にインストールされたモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドで、フルパワーでは252馬力というシステム出力を発揮し、以前の328iと528iの後継モデルでもあるのに相応しい動力性能も備える。330eiのEV走行可能距離はプラグインハイブリッドとしては短いが、530eiは納得できるレベルとなっており、とくに530ieのプラグインハイブリッドとしてのなかなかのバランスといえる。

・740e iパフォーマンス(1093万円~、EV走行可能距離42.0km) ・X5 xDrive40e(992万円~、EV走行可能距離30.8km)

 メルセデス・ベンツSクラス級のビッグセダンの7シリーズ、ラージSUVのX5というまったく違うクルマであるが、X5は4WDとなる以外は共通のプラグインハイブリッドシステムを持つ。

 そのプラグインハイブリッドシステムは2リッター4気筒ターボ+モーターとなり、モーターは共通ながらエンジンは740eiパフォーマンスが258馬力、X5 xDrive40eで245馬力に強化され、システム出力も740eiパフォーマンスが326馬力、X5 xDrive40eで313馬力に向上し、車名の「40」の部分通り4リッターガソリン車並みの動力性能も備える。また740e iパフォーマンスは、プラグインハイブリッドであることが運転手付きのショーワードリブンとして使われる際のイメージにも有利に働くだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 永田恵一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します