現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産自動車、3年連続の減益…原材料高騰や為替変動が影響 第1四半期決算

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.27

日産自動車、3年連続の減益…原材料高騰や為替変動が影響 第1四半期決算

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は7月26日、2018年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。原材料の高騰や為替変動などにより、3年連続の営業減益となった。

第1四半期のグローバル販売台数は前年同期比3.0%減の131万台となった。日本では全体需要が下がる中、同0.8%減の13万台。中国は同6.9%増の33万6000台となった。米国は36万5000台、ロシアを含む欧州は同12.7%減の16万2000台。アジア・オセアニア、中南米、中東、アフリカをはじめとするその他市場の販売台数は同6.6%増の20万台となった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

これらの結果、売上高は同1.6%減の2兆7166億円で2年ぶりの減収、営業利益は主に原材料の高騰や為替の変動などにより、同28.8%減の1091億円で3年連続の減益となった。

経常利益は同16.2%減の1589億円、四半期純利益は同14.1%減の1158億円。ともに3年連続の減益となった。

通期連結業績見通しは、売上高12兆円(前年比0.4%増)、営業利益5400億円(同6.0%減)、純利益5000億円(同33.1%減)とした前回予測を据え置いた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/07/27 21:57

    違反報告

    原材料高騰や為替変動が影響・・・しかし、これは他メーカーも条件は一緒。
    3年連続の減益ということは、経営の甘さ、販売計画の杜撰さに尽きる。
    適切な新型車投入をしていれば、売れていないと思い込んでいる日本市場でも四半期で約20万台近くは販売店規模からいっても可能だったろう。
    頑なに日本を含むアジア市場を軽視(中国市場だけは別)するクルマ作りをしていれば、その国のユーザーはソッポを向くのは当たり前。いずれ売れている市場のユーザーからも、日本で売れていない日本メーカーのクルマなんて魅力ないネ、と思われることが出てきたら、たちまち売り上げ、利益は急落するだろう。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します