現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル、世界生産台数50万台割れで7年ぶりのマイナス 2018年上半期

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.27

スバル、世界生産台数50万台割れで7年ぶりのマイナス 2018年上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)は7月27日、2018年上半期(1~6月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同期比10.3%減の49万8795台となり、7年ぶりに前年割れとなった。

国内生産はフルモデルチェンジを控えている海外向け『フォレスター』等が減少し、同8.5%減の32万3675台で2年連続のマイナス。海外生産も『インプレッサ』の新型車効果が落ち着いた影響が大きく、同13.4%減の17万5120台と、4年ぶりに前年実績を下回った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

国内販売は同20.2%減の7万6600台で2年ぶりのマイナスとなった。登録車はインプレッサの新型車効果が落ち着いたこと等により、同22.4%減6万0429台で2年ぶりのマイナス。軽自動車も『シフォン』『サンバー』が減少し、同10.6%減の1万6171台と2年ぶりに前年同期実績を下回った。

輸出は同2.2%減の25万9725台で2年ぶりの前年割れとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します