現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「水深60cmを渡ろうとするのは危険」JAF、台風12号接近で注意喚起

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.27

「水深60cmを渡ろうとするのは危険」JAF、台風12号接近で注意喚起

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JAF(日本自動車連盟)は、台風12号接近の予報を受け、ドライバーへ強風や大雨時の運転に注意するよう呼びかけている。

台風12号は28日頃には本州に接近、上陸する可能性があり、大荒れの天気になるおそれもあるので注意が必要だ。西日本豪雨では、もっとも被害の多かった広島・岡山・愛媛の3県でドライバーからJAFに寄せられた救援要請は7月6日から10日の5日間で4345件。前年同期間の約3倍と、豪雨によるトラブルの影響で多くの要請があったことがわかる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

豪雨の場合、車両の冠水には特に注意が必要だ。JAFが行なった冠水路走行実験によると、セダンタイプの車両では時速10kmでも水深60cmを走り切ることができないという結果となった。スピードを上げて渡ろうとしても巻き上げる水の量が多くなり、エンジンに水が入りやすくなり、スピードを落としても他の要因でエンジンが止まることもあるため、深い水たまりには絶対に入らず、引き返すことだ。

JAFでは、アンダーパスや電車ガード下の道路など、スリバチ状の道路では水たまりが発生しやすいとして、注意を呼びかけている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nag*****|2018/07/27 23:13

    違反報告

    当たり前である。構造上、自動車は水中を走る機械ではない・・・。空気の取り入れ口に水が入れば、そりゃエンジン止まるでしょうよ・・・。いくら何でも、自分の命を預ける乗り物に最低限の知識は必要と思う。引き返せる状況なら絶対引き返すべし。(自然相手なのでどうにもならない状況はあると思いますが・・・ニュースで自ら水中に向かっていく映像がバカらしくてならない・・・。)
  • cla*****|2018/07/27 23:50

    違反報告

    60㎝って大人でもひざ上の水位ですよ。
    セダンタイプの車どころかSUVでもその水位は基本アウトですよ
    大丈夫な水位の目安としてはタイヤのゴムの高さ程度まで。
    ホイールまで水がつく水位はブレーキが利かなくなるなどの危険があります。
    普通の車なら15㎝くらい。車高の高いSUVでも20㎝
    それ以上はブレーキ、電気系、吸気系の故障や室内への浸水など
    なんらかの不都合を引き起こす恐れが高いです。

    道路の白線がはっきり見えない程の水位は危険です。
  • nei*****|2018/07/27 18:28

    違反報告

    20cmでもアカンて!!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します