現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワイルド系SUVならディフェンダーでしょ! 超希少車に今乗ると意外と……

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.26

ワイルド系SUVならディフェンダーでしょ! 超希少車に今乗ると意外と……

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドローバーの原点と言えるディフェンダー。無骨でワイルドなフォルムは他のSUVとは明らかに異なる存在感を放つ。昨年、生産中止になってしまったこの歴史的名車、改めて振り返ってみよう。

 新型メルセデス・ベンツGクラスがそのスタイルをほとんど変えずに登場したのを見てもわかるように、無骨でワイルドなSUVを好む人は多い。最近のSUVがあまりにも乗用車的にスマートになりすぎた、要は軟弱(?)になってしまったことへの反動もあるのだろう。つい先日、20年振りのフルモデルチェンジを果たしたスズキ・ジムニーも初代に回帰したようなクラシックなデザインが特徴だ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そんなクラシックでワイルドなSUVといえば、忘れてならないのがランドローバー・ディフェンダーだ。これは1948年登場のシリーズIから発展した本格オフローダーで、SUV専門メーカーのランドローバー社の基礎を築いたクルマと言える。強固なラダーフレームの上に鉄板(実際はアルミ)を貼り合わせて作ったようなボディは飾り気も何もなく、それが却って男らしいワイルドな雰囲気を生み出している。駆動はもちろんAWDだが、センターデフなど持たない切り替え式というところも本格オフローダーらしい。

 1990年代後半には日本にも正規輸入されたが台数限定であったため、販売されたのはほんの僅か。根強いファンのために一部の業者がごく少数を輸入していたのだが、残念なことにディフェンダーは2017年に生産中止となってしまった。理由はこの手のクルマのお約束と言える衝突安全と排気ガスが現代の規制に対応できなくなったというもの。残念ではあるが、これも時代の流れでしょうがないだろう。

 このディフェンダー、実際に運転してみるとその感覚はやはり相当にクラシックだ。MTのクラッチ(ATもあるが)、シフトノブ、ステアリングなど操作系はすべてそれなりの重さで、とにかく楽な最新のクルマとは一線を画す。試乗した車両は2.2ℓの直4ディーゼルを搭載しており、パワーは122ps、トルクは360Nm。車重は2t近くあるのでいかにも非力そうだが、最大トルク発生回転は2000rpmなので、ちょっと踏むだけでグイグイと力強く加速してくれる。ただ、音はかなりうるさい。ユサユサとボディを揺らすサスペンションなど、やはり一昔前のクルマを運転している気分になる。

 しかし慣れてしまえばどうってことないし、それがこのクルマだけの魅力となっているのも事実。変わってないとはいえ、インテリアなどはそれなりにモダンになっており、エアコンやパワーウインドウも備わる。高い視点と広い視界は素晴らしいし、窓から顔を出すだけで前輪が完全に見えるなど、道なき道を走るための機能を感じられるのも、ディフェンダーならではだ。

 生産中止にはなってしまったが、今ならまだ新車に近いコンディションの個体を手に入れることは可能。実はディフェンダーは間もなく新型の登場が予定されている。そしてそのスタイルは初代のテイストを受け継ぐらしいと言われているが、果たしてGクラスほど初代と似通ったものとなるのかどうかは不明だ。新型を楽しみに待つか、それともレジェンドとなった初代の中古を探すか。購入を考えている人には悩ましい問題だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部 永田 元輔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します