現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 鈴鹿8耐と台風、直撃となった過去2回は日本人ペアが優勝

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.25

鈴鹿8耐と台風、直撃となった過去2回は日本人ペアが優勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に開催が迫った「"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」(7月26~29日)。気になるのは台風の行方だ。台風12号は発達しながら北上中。週末には本州付近に接近・上陸、大荒れとなる可能性があるという。

鈴鹿8耐、過去40回の歴史で台風に最も影響を受けたのは、1982年の第5回大会。台風直撃により、史上初めてレース時間が6時間に短縮された。大荒れとなった同大会は、主力チームが転倒とトラブルで続々とリタイア。「CB900F改」を駆る飯嶋茂男/萩原紳治組が初の日本人ペアによる勝利を飾った。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

また、迷走する台風の影響で8耐史上稀にみる寒さの中での戦いとなったのは、1997年の第20回大会。土曜日に予定されていたスペシャルステージは中止となり、金曜日の予選結果によってスターティンググリッドが決定。24度という寒さの中で開催されたレースでは、RVF/RC45を駆る伊藤真一/宇川徹が優勝。同じく台風に見舞われた第5回大会以来の、日本人ペア優勝となった。

台風に見舞われた大会は日本人ペアが優勝という“ジンクス”もあるようだが、今週末の鈴鹿8耐、好コンディションを期待したいものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hab*****|2018/07/26 21:40

    違反報告

    82年は現地に見に行ってたよ。
    ストレートで転倒者が出るくらいの極悪コンディションで、見てるこっちもずぶ濡れで、短縮されてホッとした思い出が・・・

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します