現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速走行車両と8Gbpsの超高速通信に成功 ドコモなど3社、28GHz帯対応アンテナで

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.25

高速走行車両と8Gbpsの超高速通信に成功 ドコモなど3社、28GHz帯対応アンテナで

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモ、AGC、エリクソンの3社は7月25日、5Gコネクテッドカーに向けた「車両ガラス設置型アンテナ(オンガラスアンテナ)」による5G通信の実証実験を実施。約100km/hで走行中の車両に対し、最大8Gbpsの5G通信に世界で初めて成功したと発表した。

実証実験に使用したオンガラスアンテナは、AGCが新たに設計・開発したガラス面に設置できる28GHz帯対応の5Gアンテナ。目立ちにくく車両のデザインを損なわずに設置できる。5G通信で使用する28GHz帯は電波の減衰が大きく、遠くまで届きづらいという課題があるが、オンガラスアンテナ設置することで、電波を特定方向へ集中させる「ビームフォーミング機能」や、複数アンテナから異なるデータを同時伝送する「MIMO機能」を利用した5G電波による安定した高速通信を行えるようになる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

今回の実証実験は、国土技術政策総合研究所(茨城県)のテストコース(約2.2kmの直線区間)にて、オンガラスアンテナおよび5G移動局を搭載した走行中の実験用車両(日産GT-R)と、コース脇に設置した3つの5G基地局との間で、28GHz帯の周波数を用いた5Gデータ通信を実施した。実験用車両には、フロントガラス、両サイドのリアクオーターガラス、リアガラスに合計8素子のオンガラスアンテナを設置し、様々な方向から到来する電波を受信できるようにした。垂直・水平偏波に対応した最大4ビームによるビームフォーミング機能と、MIMO機能を組み合わせてオンガラスアンテナで受信をすることで、約100km/hの走行速度で最大8Gbps、約30km/hの走行速度で最大11Gbpsの5G高速通信を実現した。

3社は今後も5Gコネクテッドカーの実現をめざし、車載通信モジュール等の幅広い環境における5Gの活用に向けた取り組みを進めていく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します