現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 広島県でバスの定時運行を確保へ---渋滞対策 平成30年7月豪雨

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.25

広島県でバスの定時運行を確保へ---渋滞対策 平成30年7月豪雨

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、平成30年7月豪雨の影響で、広島市と呉市を結ぶ道路を中心に渋滞が原因でバスの一部が定時制を確保できていないことから、渋滞対策を強化する。

広島・呉駅間のバスは、広島から呉方面の平日6~7時台のバスは、依然として1.5~2時間を要している状況にあり、定時性確保に向けた対策を強化する必要がある。このため、バス運行ルート上でボトルネックとなっている、坂北ICでのバス通行方法の改善などの対策を検討する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

バスへの交通転換を促すため、バスの運行情報やバスと自家用車の所要時間差の周知、企業への時差出勤、相乗りなどの協力を強化する。

また、広島・広駅間のバスの定時制確保に向けて、東広島呉道路の阿賀IC出口を先頭とする渋滞を緩和するため、左折レーンの増設など緊急交差点改良事業を推進する。

一方、広島呉道路やJR呉線の復旧までに時間を要することを踏まえ、今後長期的に、バスを中心とした地域のモビリティマネジメントを強化していくため、有識者や経済界も含めた推進体制の構築について検討する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します