現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いち早くハイブリッドが投入された11代目「クラウン」は環境性能も強化したモデル

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.23

いち早くハイブリッドが投入された11代目「クラウン」は環境性能も強化したモデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■エコロジーの時代へ向けて

 21世紀を控えて登場した11代目「クラウン」は、新世紀に向けてどのようなクルマへと進化したのでしょうか。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 11代目「クラウン」は、1999年9月に『21世紀へ。このクラウンで行く』というキャッチコピーとともに発売されました。

 キャッチコピーの通り、新世紀を目前に控え、世界中が高揚感に満ちていた時代です。ちなみに、11代目「クラウン」が登場する2年前(1997年12月)に、トヨタは世界初の量産ハイブリッド車である「プリウス」を発表し、「21世紀に間に合いました。」というキャッチコピーを与えています。

 この2つの名車に与えられた、類まれなるキャッチコピーからも、21世紀という新時代の幕開けに際した胸の高鳴りが聞こえてくるようです。

 ハイブリッド車「プリウス」の登場からもわかるように、1990年代以降環境問題への関心が世界的に高まっていた時代です。なかでも、排気ガスを排出する自動車を生産し続けている自動車メーカーの責任は大きく、エコロジーであることが求められるようになりました。

 初代「プリウス」自体は商業的な成功という点では、2代目以降のプリウスには及びませんが、世界に先駆けて量産ハイブリッド車を発売したことは大きな功績だったといえます。

 当然、「クラウン」に求められるものも、それまでの走行性能や快適性、安全性だけではなくなってきたのです。

■いち早くハイブリッドモデルを展開

 11代目「クラウン」は、5代目から約25年続いた4ドアハードトップをやめ、窓枠付きの4ドアセダンとなりました。

 ラインナップは、スポーティグレードの「アスリート」とコンフォートグレードの「ロイヤル」の2つのシリーズを中心にしています。

 また、約14年ぶりにターボエンジン搭載モデルが復活。反対に、MTモデルやディーゼルエンジン搭載モデルが消滅するなど、時代のトレンドに合わせて柔軟に対応していることがわかります。

 21世紀を迎えた2001年8月には、11代目「クラウン」初のマイナーチェンジを迎えました。そこでは、エクステリア・インテリアのデザインがブラッシュアップされただけでなく、「クラウン」にとって史上初となるハイブリッドグレードが追加されたのです。

 ハイブリッドシステムには、大きくわけて2種類あります。わずかでもモーターのみ、つまり電気のみでの走行が可能な『ストロングハイブリッド』と呼び、モーター/電気はあくまでもガソリンエンジンの補助であり、電気のみでの走行はできないものを『マイルドハイブリッド』と呼びます。

『ストロングハイブリッド』の方が燃費も良く環境性能も高いですが、『マイルドハイブリッド』の方が安価に導入可能というメリットがあります。

 11代目「クラウン」に、初めて搭載されたハイブリッドモデルは『マイルドハイブリッド』であり、それ以降の『ストロングハイブリッド』を搭載した「クラウン ハイブリッド」とは仕組みが異なります。そのため、圧倒的な燃費性能を持っているわけではありませんでした。

 しかし、それまで高級車では両立が不可能とされていた、低燃費かつ高い環境性能を実現する一歩となったことは自動車史に残る重要な出来事のひとつといえます。

■警察車両として活躍する11代目クラウン

 クルマに乗っている人間であれば、「クラウン」の警察車両にドキッとした経験がある方も少なくないのではないでしょうか。警察車両に最も採用されるクルマのひとつがクラウンであり、特にこの11代目以降の「クラウン」はあらゆる地域で活躍しています。

 高い信頼性と走行性能から、法人車両としての需要を満たし続けてきた「クラウン」ですが、警察車両のような特殊な車両としての使用も想定する必要があるという意味では、やはり特別なモデルと言えます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します