現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ABSがあっても、ポンピングブレーキは必要なのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.22

ABSがあっても、ポンピングブレーキは必要なのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運転免許を取得したならば、教習所で「ポンピングブレーキ」を習いましたよね?しかしながら、実際には使っておらず、「なんで必要なんだっけ?」と、その必要性が解らなくなっている方もいるはず。今回はこのポンピングブレーキの必要性について、確認していきます。文・吉川賢一

ポンピングブレーキとは何のための技術?

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ポンピングブレーキとは、『自車がブレーキをする旨を後続車へ知らせるために、ポン、ポン、ポンと複数回、ブレーキを踏んで合図する』ことだと思っていませんか?
それは誤りで、ポンピングブレーキは本来”ブレーキング時にタイヤがロックするのを防ぎ、またはタイヤのロックを解いて、制動距離を縮め、運転回避行動をとりやすくするためのテクニック”なのです。
雪道や雨などの滑りやすい路面で、ブレーキを踏み込んだとき、タイヤはロックを起こしやすくなります。そのような事態にならないよう、ブレーキペダルを一度で踏み込まず、数回に分けて踏み込むようにすると、急な制動でタイヤがロックしてしまうのを、ある程度避けることができます。
しかし、ブレーキを一気に踏み込むような状況は、ドライバーが危険を感じたとき。そんな状況で「数回に分けてブレーキを踏む余裕があるのか?」という疑問が頭をよぎりますが、昔は身につけるべき運転技術でした。


ABSがあるなら、ポンピングブレーキは必要ないのか?

ABS(アンチロックブレーキシステム)は、制動距離を短くし、ハンドルによる緊急回避行動がとれるよう、”タイヤロックを検知してブレーキ液圧をコントロールするシステム”です。つまり、ポンピングブレーキと同じ動作を、機械的に行ってくれるシステムです。現在では、ほとんどの車にABSが標準装備されています。
このABSがあれば、ポンピングブレーキは必要ないように思えますが、”ブレーキを丁寧にコントロールする技術”があると、クルマを丁寧に運転することができるようになります。
緊急時だけならば「ABS」があれば十分でしょう。しかしながら、日頃からABSに頼った運転をすることは、同乗者やクルマにとって非常に負担がかかる運転方法です。
そのためポンピングブレーキ自体は必要なくても、丁寧で安心できる運転という面からは、必要な技術なのです。

ポンピングブレーキの正しいやり方

ではここで、ABSが介入しない範囲での、ポンピングブレーキの手順を見ていきましょう。
ポンピングブレーキをするのに理想的なのは、車両の進行方向とタイヤの向きが同じになっている状態です。ブレーキペダルを「グッ」と踏んで、クルマの減速感を身体で感じます。
もしタイヤがスリップしそうな素振りを感じたら、ペダルをほんの少しだけ緩めます。その動作を繰り返し行って、クルマを停止させます。



ABSとポンピングブレーキのように、それを代用するテクノロジーが開発されると、いらないんじゃないか?と、つい思ってしまう運転技術は他にもあります。
しかし、私たちが、より安全にクルマを運転するには、こうした先進技術に頼りすぎることなく、自身の運転技術を磨いていくことも必要不可欠なのです。皆さんも、あの教習所時代の初心を忘れることなく、安全運転を心がけましょう。


ブレーキに関する記事はこちら

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します