現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 直列6気筒、満を持して復活。その理由とは? まずはSクラスから搭載

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.21

直列6気筒、満を持して復活。その理由とは? まずはSクラスから搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■M256シリンダー配列 直列6気筒排気量 2999cc内径×行程 83.0mm×92.4mm圧縮比 10.5最高出力 320kW最大トルク 520Nm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 ダイムラーの新エンジン戦略の中核をなす直列6気筒エンジン。絶滅寸前と思われた直6復活の背景には、直4とのモジュラー化による生産合理化メリットだけではなく、ターボや電動化によって年々過密化する一方のエンジンルームにおけるスペースが、最早V型では確保できない、という事情もあるとされる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 それらを踏まえて登場する新直6は、ISG(統合型スターター&ジェネレーター)で48V電源を使用可能とし、補機ベルトを撤廃。ISGで発電された48V電力は、電動コンプレッサーを駆動し、併用されるターボチャージャーのターボラグを解消。同時に15kW/220Nmの出力で駆動力アシストを行なう「全部のせ」パワートレーンとなる。ベルト駆動補機レスは直6のネガであるエンジン長の低減にも貢献する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • suc*****|2018/07/26 18:33

    違反報告

    ターボチャージャーが一器で済むこと、ボアストロークをロングストロークにしやすいことが大きなメリット
    V6だとターボチャージャーは基本的に二器必要だし、ロングストローク化も難しい
  • tou*****|2018/07/21 23:57

    違反報告

    48ボルトバッテリーっつて普通の12ボルトバッテリーを4個直列に繋いで使用するの?
    それとも、セル室を24室持つ全く新しいバッテリーを作る?傍またリチウム電池48ボルト版をメルセデス独自で作る?
    何れにせよ48ボルトバッテリーは現在見た事も無い。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します