現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > VRを使った自動車開発のためのリアクション調査、BMWグループテラスで7月25日より実施

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.18

VRを使った自動車開発のためのリアクション調査、BMWグループテラスで7月25日より実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、ディーン&デルーカとのコラボカフェ「BMWグループテラス」(東京都千代田区)にて、7月25日からの10日間、VRを使用した自動車開発のためのリアクション調査「VISIONARY LAB-ビジョナリーラボ-」を実施する。

BMWでは将来の車開発の一環として、仮想現実(VR)を利用した、将来の「人間とクルマとロボット」の協業に向けた人間工学的な実験・研究を進めている。今回のビジョナリーラボでは、ドイツBMW本社研究者と、日本人がロボットに対してどの様な感受性を持っているかの調査・実験を行う。

    X2 試乗 BMWの新しい“偶数モデル”の提案をどう理解する?

参加条件は日本人であることのみで、性別・年齢不問。調査時間は約20分から30分で1日先着10名。ウェブサイトから事前予約が必要だが、当日空がある場合は予約なしでも参加可能。実験参加者にはBMWグループテラスで使える1000円分のクーポンとプレゼントを贈呈する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します