現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バイク雑誌ライターのマン島ほのぼの旅日記#7「海辺のマイタウン」

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.17

バイク雑誌ライターのマン島ほのぼの旅日記#7「海辺のマイタウン」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ちょっとだけ現在の住処としているマイタウンについて。町の様子だったり、暮らしぶりだったりというところにフォーカスしちゃいます。だけどなにしろ緩~くマイペースなマン島ライフですから、東京でのリズムと全然違うというのが本音なんですよね。それでもこの島の空気感みたいなものを感じていただければなってところでお届けしてみようと思います!REPORT●大家伝(OYA Den)

閉まるのが早く、夜になるのがめちゃ遅い!?

    ドゥカティ ムルティストラーダ1200エンデューロに前後レーダーを搭載。2020年に市場投入

 さて、冒頭でも触れていますが今回は我が町のことをちょっぴりご紹介しようと思います。マン島は周囲を海に囲まれていて、大きな町は大抵海辺にあります。現在、ボクが住処としている町もそうで、マン島の南側にあるキャッスルタウンという町です。朝は4時くらいから徐々に明るくなり、夜は23時を回るくらいまで夕方のような明るさを残しています。

 その後は一気に暗くなりますが、問題は夜遅くまで明るいのにほとんどのお店は17時から18時くらいでほぼ閉まってしまうということです! これには驚きました。スーパーマーケットも21時から22時で閉まってしまうため、買い出しなどを忘れると寂しい夜になってしまいます。


 外食するにも早めに済ませなければ閉まってしまうか、フードなしで飲み物だけ提供するという感じです。食事をする店も、いわゆるこちらの飲み屋であるパブも同じお店であることが多く、日中は食事やティータイムで利用(ちなみにお酒も飲めます)できます。それが夕方以降になると食事のオーダーを受け付けなくなり(いわゆる乾き物的スナック菓子のみ頼めます)、完全なパブになってしまいます。

 そのパブもほとんど24時を前に閉店してしまい、町には誰一人として出歩く人がいなくなってしまいます。うーん、眠らない街・新宿が懐かしく思えます。だけど日々平穏なこの町も、けっこう気に入ってますけどね。

 ……というところで、今回はここまでです!


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します