現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平成30年7月豪雨被災地、運転免許の有効期間を2018年11月30日まで延長

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.17

平成30年7月豪雨被災地、運転免許の有効期間を2018年11月30日まで延長

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁は、平成30年7月豪雨の被災者に運転免許の有効期間を延長すると発表した。

災害は特定非常災害特別措置法に基づく特定非常災害に指定された。このため、対象地域の住民は、運転免許証などの許認可について、2018年6月28日以降に満了となるものについての有効期間を2018年11月30日まで延長した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

対象地域は全国で広島県や岡山県、京都府、愛媛県、岐阜県など、11府県61市37町4村。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します