現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「白いクラウン」がオーナーの夢となった3代目クラウン 個人向けへと大きくシフトチェンジ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.15

「白いクラウン」がオーナーの夢となった3代目クラウン 個人向けへと大きくシフトチェンジ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■いざなぎ景気で個人の所得が拡大

 日本における高級車の代名詞とも言える「クラウン」。1967年に登場した3代目クラウンでは、法人向けから個人向けへと大きくシフトチェンジが図られました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 3代目クラウン(トヨペット・クラウン)が発売されたのは1967年9月のことでした。1964年の東京オリンピックを経て、1965年から1970年まで続く空前の好景気であるいざなぎ景気のまっただなかであるこの年、日本はイギリスの女優であるツィッギーが来日しミニスカートがブームとなったり、『ルパン三世』や『あしたのジョー』が連載を開始したりするなど、高度経済成長の時代を謳歌していました。

 日本企業が力をつけたことで、そこで働く個人の所得が拡大したのです。その一方で、公害が社会問題化するなど、急成長のひずみも露見された時代です。

 すでに日本を代表する産業へと成長していた自動車産業にとって、1967年は数々の名車が誕生した「伝説の年」と言われています。トヨタからは、いまなお日本車市場最高額で取引されている2000GTが発売されたほか、2018年6月に4代目へとフルモデルチェンジされた最高級車センチュリーの初代がデビューしました。

 そのほか、初代ハイエースや55/56型ハイエースなど、いまなおトヨタの主力となるモデルが登場しました。トヨタ以外では、ホンダからはN360が登場し、国民車の座をスバル・360から奪い取り、マツダからは世界初のロータリーエンジン搭載車であるコスモスポーツが発売されました。

 個人の所得が向上したことで、クーラー(エアコン)・カラーテレビ、そしてカー(自動車)の“3C”が「三種の神器」と呼ばれるようになり、個人のさまざまなニーズに合わせ、さまざまなクルマが登場するようになったのです。

 楽な道のりではなかったものの、日本初の国産高級乗用車としての地位を確立していたクラウンですが、こうした時代背景から、個人向けモデルへとシフトチェンジするのは自然な流れだったと言えるでしょう。

■「日本の美」をテーマにしたデザイン

 日本の経済が成長してきたことで、日本製品の品質も上がり、海外製品と対等に勝負できる環境が整ってきました。クラウンについても、2代目まではフォードやGMなど海外の自動車メーカーの影響が色濃く見られましたが、3代目では「日本の美」をテーマにしたデザインが採用されることになりました。

 3代目クラウンが発売される前年の1966年、トヨタは「デザインドーム」と呼ばれる全天候型の施設を完成させ、デザインの進化を図りました。3代目クラウンはこのデザインドームから生まれた最初のモデルです。

 3代目クラウンのカタログには「乗用車のスタイルといえば米国美や欧州美を追う傾向に対して日本の美を世界にとうスタイルです」との記述があり、国産初の高級車としての自負が見られます。

 あらゆるシチュエーションに対応できるクセのないデザイン、低く長いシルエット、曲面ガラスや、当時のクラウンの特徴でもあったフレーム構造「ペリメーターフレーム」の日本初採用によってもたらされた広く明るい室内は、当時の日本人の嗜好を忠実に反映していると言えるでしょう。

■「白いクラウン」がオーナードライバーの憧れに

 初代と2代目のクラウンは、法人向けの販売が多かったため、そのボディカラーは黒が多く、「黒塗りのクラウン」と言えばいまでも役員車両の代名詞です。

 しかし、個人オーナー向けへとターゲットを変えた3代目クラウンでは、白を全面に押し出した広告展開を行います。実は1965年まではボディカラーに関する規制があり、消防車や救急車との混同を避けるために白や赤は国産車に使われることはほとんどありませんでした。

 規制が緩和されたことで、各自動車メーカーは白を積極的に使用するようになり、人気のボディカラーとなったのです。

 クラウンもまた、それまでの黒塗りのイメージを大転換させて、白いクラウンを用いた広告を展開することになります。特に、俳優・映画監督の山村總さんを起用したCMは人気を博し、ここからクラウンは一気に富裕層のあこがれとなるのです。

 よりスポーティな2ドアクーペも登場したことで、クラウンのイメージが大きく変わったのがこの3代目でした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mag*****|2018/07/15 12:36

    違反報告

    まだ我が家に車が無かった子供の頃、父の知り合いの整備工場から父が借りて来て母の運転の練習をしていたのがこの型のクラウンでした。子供心に凄く高級で美しい車だと思いました。いつかは、クラウンに乗ると心に誓っていましたが、今のクラウンにこの美しさは無い。いつしかアンチトヨタになっていました。80年代までのトヨタの車は、本当に美しいデザインだったと思います。
  • hab*****|2018/07/15 13:24

    違反報告

    自分の記憶にある一番古いクラウンがこの型。
    父の会社の車で、週末に借りてきて、ちょくちょく京都や奈良へ連れてかれたもんです。
  • bui*****|2018/07/15 20:23

    違反報告

    今のクラウンは 日本の美ではない!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します