現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 幅広いメーカーの旧車をレストア「ヤナセクラシックカーセンターってどんなところ?」

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.13

幅広いメーカーの旧車をレストア「ヤナセクラシックカーセンターってどんなところ?」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールドタイマーからヤングタイマーまで多種多様、豊富なノウハウにより信頼性の高いレストアを展開する

最近、注目され話題になっているクラシックカー市場。このような背景に加えてヤナセグループ会社である「ヤナセオートシステムズ」は、長年にわたる輸入車整備で培ってきた豊富な技術や文献を基に、横浜市にある同敷地内に『ヤナセクラシックカーセンター』を新たに開設し営業。幅広いメーカーや年代の旧車のレストアを手掛けていくという。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

取り扱い車種は、これまでヤナセグループが取り扱ってきたクルマだけでなく、約30年以上前に製造された”オールドタイマー”から、約20~30年前に製造された近年注目を集める”ヤングタイマー”まで幅広い年代の旧車のレストア作業を手掛ける。

「オールドタイマー」とは、ヤナセやヤナセの子会社であったウエスタン自動車(1987年までメルセデス・ベンツの輸入元)が輸入販売してきたフォルクスワーゲン、アウディやメルセデス・ベンツをはじめ、ポルシェ、ジャガー、フェラーリなど約30年以上前に製造された世界の名車のこと。また、「ヤングタイマー」とは懐かしい憧れのクルマで、メルセデス・ベンツでは190Eクラス(W201)、Eクラス(W124)、Sクラス(W126)、SLクラス(R107/R129)、フォルクスワーゲンではゴルフI/II、シロッコ、アウディでは200/100/クワトロ、その他同年代の輸入車全般を含む。

「テュフ・ラインランド・ジャパン」も認めた高い信頼性

6月22日に行なわれた開所式では、ドイツのテュフ・ラインランド・ジャパンより「クラシックカーガレージ認証」を授与。これはクラシックカーの修理・整備の技術、品質、機器・設備に加え、運営・管理、法令順守、お客様対応など全11カテゴリー/150項目以上の基準に基づいた監査を実施し、クリアした工場に与えられる認証。確かなプロセス・環境で高品質なレストア作業が実施できることが第三者機関に証明されたわけだ。なお、ヤナセオートシステムズBPセンター横浜は、これらの技術や安全に関して絶大なる信用を誇るテュフ・ラインランドのプラチナ認証を取得した日本初の工場でもある。事実、『ヤナセクラシックカーセンター』はエンジン、トランスミッションのオーバーホール担当のユニット工場、ボディリペア(板金)やペイント(塗装)を担当する複数のBPブースの設備が、ヤナセ横浜ニューデポー内にあり、お互い緻密に連携できるのが特徴だ。

また、日本唯一といわれるオートマチック・トランスミッションテスターをはじめ、以前からドイツ本国や全国の拠点から取り寄せた貴重な技術文献やパーツが充実。加えて、長年蓄積した豊富な技術、その時代の新車の特徴をよく熟知している熟練のメカニックがいるヤナセだからこそ、ほとんどのレストア作業を施設内で対応できるのが強みなのだ。

可能性がある限り1台でも多くのクルマを再生

そこで、気になるのがレストアに掛かる費用や時間。サービス受付コーナーにはゆったりとしたレセプションルームがあり、お客様のご要望を詳細に聞きだしている。ただ、レストア作業内容はお客様の満足度次第。予算や時間についても異なるため、その都度相談に応じているという。しかも、隣にはピットスペースがあり、レストア車を眺めながら相談することが可能。レストアに関する問い合わせは4月5日開設以来、120件くらいに達しているそうだ(7月6日時点)。 以前は「跡継ぎがどうしても見付からない。クルマを維持できないので、処分したいから引き取ってくれないか?」という申し出が多かったとか。しかし、可能性がある限りクルマを潰さずに再生して1台でも多くの旧車を残し動かそうとした経過があった。実際、そういう熱意を持って説得に勤めた結果、モノを生かす、大切にする精神を理解してもらい、これまでも何台かレストアに持ち込むことに成功しているそうだ。

日常に乗って楽しむクラシックカーライフ

最近では、クラシックカーオーナーの意気込みが凄く、クルマに対する愛情が溢れているという素晴らしい傾向にある。特に欧米ではクルマの運転はエンジョイするもの。ここ日本でも2016年にワンオーナ-のメルセデス・ベンツが120万kmを走破した実績があり、いまも現役で活躍中(1978年式 300D)。日本を含む各国では各オーナーズクラブの集いが頻繁に開催されているのである。

このようなクラシックカー市場の人気に伴い、ヤナセでしかできないお宝=長年蓄積した豊富な経験と貴重な技術文献、国内外の部品調達力を生かし、ヤナセクラシックカーセンターが新設された。ただ保存するだけはなく、日常乗って楽しむ、ニュースタイルなドライブを提供してくれるだろう。すでにクラシックカーを所有しているオーナーの方、これから所有したいと考えている人達にとっては、一度は訪れたいセンターであり、そこで新たな発見が見つかることだろう。

株式会社ヤナセオートシステムズヤナセクラシックカーセンター神奈川県横浜市都筑区川向町1117(ヤナセ横浜ニューデポー内)営業時間 9:30~18:00(日・月曜日、祝日定休)電話 045-474-7856https://yanase-classic.com

(レポート:妻谷裕二)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します