現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ストリート注目の「スクランブラー」、ドゥカティがシリーズ最上級「1100」投入へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.13

ストリート注目の「スクランブラー」、ドゥカティがシリーズ最上級「1100」投入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スクランブラー」がいま、ストリートで注目を集めている。1950~60年代に悪路を走るために生まれたスタイルだが、これを現代風にアレンジし新しい魅力を持ってブレイク中だ。

ドゥカティは1962年に北米向けに『スクランブラー』をリリースし、68年には自身の国イタリアでも発売し人気を博した。そんな歴史を持つドゥカティは、2015年に803ccの空冷L型ツインエンジンを搭載した「アイコン」「クラシック」「アーバン・エンデューロ」「フル・スロットル」という4つのスクランブラーを蘇らせて、バイクファンを唸らせると、翌16年には普通2輪免許で乗れる400ccモデル『スクランブラー Sixty2』もラインナップに加えた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

そして7月14日、そのファミリーの最高峰モデルとして『スクランブラー1100』を発売する。

空冷L型2気筒エンジンは1079ccの排気量を持ち、『スクランブラー アイコン』より13ps上回る最高出力86psを発揮。スクランブラーが3つの排気量のエンジン(250cc、350cc、450cc)でシリーズ化されていた1960年代と同じように、現代でも再び3兄弟(400cc、800cc、1100cc)となるのだ。

◆足りないものがあった、そこで今回の「1100」

ドゥカティジャパンは7月6日、ドゥカティ・スクランブラー1100プレスカンファレンス(製品説明会)を川崎市で開催。『スクランブラー1100』のPM=プロダクトマネージャー、カノーザ・ロッコ氏はまず、スクランブラーシリーズの生産台数が4万6000台にのぼり、ドゥカティ全体の30%を占める成功を収めていることを説明した。

また、カノーザ氏はこう言う。

「なにか1つ足りないものがありましたが、トップレンジとして1100を加えることでコンプリートできました。大型エンジンを採用したことで低回転からトルクが太く出ていて、スクランブラーのコンセプトである“EASY TO RIDE”にマッチしたパフォーマンスを発揮しています」

「排気量が大きいだけでなく、トラクションコントロールやであったりコーナリングABSなど数々の先進的な電子デパイスを搭載し、お客様がより満足できるものとなっていると思います」

「そして、ティアドロップ形状のガソリンタンク、バナナシートと僕らが言っている個性的なシート、ワイドなハンドルバー、オフロード走行に適したブロックパターンのノビータイヤといったスクランブラーに相応しい装備を持っています。誰が見てもスクランブラーだと分かるスタイルなのです」

「ドゥカティ・スクランブラーの走る楽しさを拡大したモデルで、ラインナップ中もっとも豪華で、もっとも上質に仕上がっています。パフォーマンスを追求したのではなく、“レースのための”モデルでもありませんが、何事にも妥協したくない人たちのためのモデルです」

◆爽快なライディングのパートナーに

カノーザ氏は、さらにこう続ける。

「ライダーのさらなる欲望を追求した結果として誕生しました。あらゆるコーナーを楽しみたいライダーのためのモデルでもあります。高性能でトルクフルなエンジンと安全性を高めた機能により、見知らぬコーナーが連続する道でも、エキサイティングな走りを楽しめます。ライダーの自信を高め、爽快なライディングを実現するパートナーとなるのです」(カノーザ氏)

スクランブラー1100は3タイプ設定され、アルミ鋳造ホイールにマルゾッキのフロントフォークとKYBリアショックとしたスタンダードのほかに、前後ホイールをクロススポーク仕様とした『スクランブラー1100スペシャル』、そしてアルミ鍛造ホイールを履き、前後サスペンションをオーリンズ製にグレードアップした『スクランブラー1100スポーツ』もラインナップされる。

ドゥカティのスクランブラーが、盤石の構えだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 青木タカオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します