現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【徹底検証!】 日本車が勝っているところ、でも欧州車にはかなわないところ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本車対ヨーロッパ車をいろいろな視点から比較していくと、やはり各国得意分野というか、お国柄というか、「この分野だったら絶対に日本車が圧勝!!」といえる技術があるいっぽう、「うーん、ここは欧州勢にはかないませんなぁ……」というものもある。

 負けを認めるのは悔しいけれど、そこから始まるものだってある。日本車とヨーロッパ車それぞれの秀でている部分、まだまだな部分を比較してみた。

※本稿は2017年のものです。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pan*****|2018/07/11 19:33

    違反報告

    自動車評論家はよく国産車と輸入車を比較するが、価格帯が明らかに違う車を比べて「日本車はまだまだ」みたいに言う。
    500万のクラウンと750万のEクラスとか。
    同じ価格帯の車で比べてくれないと読む側としては意味がないんだよな。
    まあそのくらいの価格差じゃないと比べられないのなら、日本車の勝ちなんだろうけど。
  • jin*****|2018/07/11 19:39

    違反報告

    もちろん車種によって異なるけれど、
    同じ車格どうしを比較した場合、
    輸入車の方が、疲れにくいシートを採用しているケースが多いと思う。
  • tdg*****|2018/07/11 19:38

    違反報告

    軽自動車を引き合いに出されても…。欧州の安全基準を突破できる軽自動車って、…。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン