現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス、次世代EV大型バス発表 2018年内に量産開始へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.11

メルセデス、次世代EV大型バス発表 2018年内に量産開始へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツは7月10日、次世代の新型EV大型バス、『eシターロ』(Mercedes-Benz eCitaro)を発表した。実車は2018年9月、ドイツで開催されるハノーバーモーターショー2018で初公開される予定。

eシターロは、標準ボディの2軸の都市向け大型バス、『シターロ』をベースに開発。シターロは都市向けバスのベストセラーモデルで、世界累計販売台数は5万台以上を達成している。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

eシターロでは、バッテリーパックをモジュール方式で設計。これにより、航続に合わせてバッテリー容量を選択できる。さらに、最新の熱管理システムの導入により、エネルギー消費を大幅に削減させているのも、eシターロの特徴。

eシターロは、リアアクスルに電動ホイールハブモーターを2個搭載。最大出力340hp、最大トルク98.9kgmを引き出す。バッテリーは最大10個のモジュールで構成されるリチウムイオンで、蓄電容量は最大で243kWh。最大88名の乗客を輸送できる。

メルセデスベンツは、eシターロの先行受注を開始。量産は2018年内に開始する予定、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します