現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 石油不足が懸念された呉市で自衛隊がガソリンを供給 平成30年7月豪雨

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.11

石油不足が懸念された呉市で自衛隊がガソリンを供給 平成30年7月豪雨

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は、平成30年7月豪雨での7月11日午前5時時点の被害・対応状況を発表した。

それによるとサービスステーション(SS)の供給で、道路の通行止めが多発して、大型タンクローリーが通行できないことから配送が遅延している広島県呉市では、9日時点で、登録された55カ所のSSのうち、電話などにより営業状況の確認ができたのが38カ所。このうち、営業中は30カ所だが、23カ所は在庫がわずかで、休業中が8カ所だった。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

10日に自衛隊が船でタンクローリー7台、これとは別に、陸路で9台を呉市に派遣し、呉市内のSSにガソリンを供給した。在庫がわずかだった23カ所を含め31カ所のSSに配送した。11日にも供給する予定。

また、燃料不足が懸念された東広島市は9日の配送によってほぼ不足を解消できた。

昭和シェル石油の広島油槽所(広島県安芸郡)前の国道31号が土砂崩れの影響で通行止めとなり、出荷が止まっていたが、広島県による道路啓開が進み、10日から出荷を再開した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yos*****|2018/07/11 12:24

    違反報告

    東日本大震災を思い出します。町のガソリンが軒並み底をつき、入手が極めて困難でした。スタンドが開いてても手に入るのは軽油ばかり。あの時、次はディーゼルにしようと決めました。ガソリンは意外と災害に弱い気がします。
  • job*****|2018/07/11 12:47

    違反報告

    国は災害を利用して新たな課税を思い付き、国民から巻き上げる。

    東日本大震災を利用してトリガー条項をほぼ無期限凍結、復興税と言いながら被災地には金が回らず“災害に強い“と下りがあれば税金ジャブジャブ使ってる、今回も国民の不幸と屍を食い物にする国はもう要らない‼
  • wak*****|2018/07/12 13:22

    違反報告

    埼玉ですけど東日本大震災後の国道沿や街の中のガソリンスタンド在庫なくて休業なのにスタンドの再開待ちで付近は数日間渋滞。高速道のSAPAだと数量限定で販売してると聞いたから わざわざ高速乗って長い時間待ちで給油。計画的にネットで時間予約など販売店や元売りそして国で考えて欲しい。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します