現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタがモデルチェンジ!? 「みなさん、私達と一緒に自動車の未来を作りませんか」

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.11

トヨタがモデルチェンジ!? 「みなさん、私達と一緒に自動車の未来を作りませんか」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ユーザーとトヨタの接点を増やすものがコネクティッドカー

 6月26日に行われたクラウンとカローラ スポーツの発表会は「THE CONNECTED DAY」というコネクティッドカーにかける長年の意気込みを、豊田章男社長と友山茂樹副社長の2人が語るものとなり、豊田氏がモビリティカンパニーへのモデルチェンジを宣言しました。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 発表された新型クラウンと新型カローラ スポーツに搭載されたコネクティッドの機能とは、通信機の「DCM」を搭載、クルマの状態をトヨタで把握、ユーザーサポートなどに活用する機能です。

 具体的には車両の状態から故障時は自動的に修理提案を行ない、オペレータとの会話の上で修理入庫予約を行なったり、万一の事故などの際に自動的に緊急通報を行なったりできます。クルマの状態を示すセンサーともつながっているので重大事故の場合はクルマが上げた情報からドクターヘリ派遣を検討する対応も可能です。

 また、クラウンやカローラ スポーツに対応カーナビをセットすれば、音声認識や、困りごとなどを人間のオペレータと会話して目的地設定をしてもらうなどの機能があり、特に注目されているのは自分のクルマをLINEの「ともだち」として設定、トークで行きたいところを伝えてナビの目的地設定ができるなど、つながりを強化していることが特徴です。

■クルマを情報家電みたいにしてしまったらおしまい

 発表会は応募して招待された一般の人も参加した形式で行われ、豊田氏と友山氏のトークセッションでは、2人が1996年に業務改善支援室で出会い、GAZOOの立ち上げ、コネクティッドカーの原型であるWiLL サイファの話、モータースポーツの話なども話題に上がりました。

 発表会の最初は豊田氏が、クラウンとカローラスポーツのクルマの出来がよいことを説明しながらも「今、クルマに求められる楽しさの概念が大きく変わってきていると思います。走る、曲がる、止まる、という、これまでの性能に加え、つながる、新たな性能が求められているのです」とコネクティッドの必要性を訴えました。

 続いて友山氏はコネクティッドカンパニーとGAZOO レーシング カンパニーの2つのカンパニープレジデントを兼務していることを説明し、豊田氏から「これからのクルマにITは必要不可欠、だけどIT屋がクルマを情報家電みたいにしてしまったらおしまい。だから、コネクティッドのトップがモータースポーツのトップもやれと」と言われたことを紹介しました。コネクティッドカーの普及を推し進めるもの、自動車メーカーとしての姿勢は守りたいとの強い意志が伺えました。

 そして、コネクティッドカーの機能を紹介し、その先には人間がいることで友山氏は「最先端といいながら、意外と人間臭いねと思われた方もいるのではないでしょうか、そこがポイント」と話し「24時間見守ってくれるリアルな人間がいるのです。その人といつでもつながっているのです。トヨタのクルマを購入したらあなた専用のコンシュルジュがついてくる」と説明しました。

■顧客との接点を追求した結果、コネクティッドに突き当たった

 友山氏はさらに「トヨタが理想とするコネクティッドサービスは、情報家電で見られるようなITやAIが表立って前に出てくるのではなく、ヒューマンコネクティッドサービスだと考えています。お客さまの期待は無限に広がる、だから、こそ、人間も、鍛錬し、カイゼンし続けていかなければならない。つまり、トヨタ生産方式のカイゼンそのものなのであります」と訴えました。

 その上で友山氏はコネクティッドの原点がトヨタに昔からあったものという点を強調、「お客様にクルマをご利用いただいている間にも、ジャストインタイムサービスを提供できてこそ、本来のトヨタ生産方式ではないか。インターネットもろくに普及していなかった時代に我々はそう考えたのであります。その思いを原点に、限りなくお客さまの接点を追求していた結果、我々はコネクティッドに突き当たりました」と経緯を説明しました。

■自動車を作る会社から、モビリティカンパニーにモデルチェンジ

 豊田氏はコネクティッドのサービスは「お客様とつながりたい、がスタート」と説明、「全世界で1000万台が10年間、1万キロ走ったとするとたいへんな走行データ」とし「規模感をうまく活用すれば、ちょっといい未来が作れるのではないか」と希望を語りました。

 また、発表会の最後は豊田氏が未来を語り、「100年に一度と言われる、大変革の時代を生きるために、私はトヨタを、自動車を作る会社からモビリティカンパニーにモデルチェンジをすることを決断いたしました。」と宣言しました。

 そして「みなさん、私達と一緒に自動車の未来を作りませんか? ご賛同いただける方は、この指止まれ!」と指を高々と上げ、来場者から大きな拍手を受け、発表会は終了しました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター 正田拓也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します