現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュ、中国EVメーカーと戦略的提携…自動運転や電動化技術に注力

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.10

ボッシュ、中国EVメーカーと戦略的提携…自動運転や電動化技術に注力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボッシュは7月9日、中国のEVメーカー、NIO(ニーオ)との間で、戦略的提携を結ぶと発表した。

NIOは上海市に本拠を置くEVのスタートアップ企業。2017年5月にはEVスーパーカーのNIO『EP9』が、1周20.8kmのドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、タイムアタックを敢行。6分45秒900で駆け抜け、ランボルギーニ『ウラカン』の高性能モデル、「ペルフォマンテ」の6分52秒01を上回ったのが、記憶に新しい。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

また、NIOは、世界最速のEVレース、「フォーミュラE」にも参戦中。2015年には、ドライバーズタイトルを獲得している。

ボッシュとNIOの戦略的提携では、自動運転、センサー技術、電動パワートレーンの制御、インテリジェントな輸送システムなどに注力。今回の戦略的提携の調印式には、ドイツのメルケル首相と中国の李 克強首相も出席した。

NIOは2018年6月、7人乗りの高性能電動SUV『ES8』を中国で発売。同車には、ボッシュが先進運転支援システム(ADAS)、各種コントロールユニット、センサーなをどを供給している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2018/07/10 15:09

    違反報告

    EVには出遅れた感のある日本を見限って、中国の企業にシフトするたぁ、ボッシュめ、やりよるわい!
  • oku*****|2018/07/10 14:58

    違反報告

    中国で実験するのは非常に実践的で良いんじゃないのかな。
    交通ルール守らない不規則事態が日常なので、安全性確認にはうってつけの社会。
    規制する為政者はワイロでどうにでもなる緩い社会だから実験がはかどるでしょう。
    万一、事故が起きても人の命が安い社会だから、会社としても気軽に実験できる。
  • sys*****|2018/07/11 17:04

    違反報告

    スマホのリチウムイオン電池を見てると、EVに
    乗るのは未だ未だ先だな・・と感じる。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します