現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZMP、「RoboCar」シリーズ最新モデル発表へ SUVタイプの自動運転プラットフォーム

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.9

ZMP、「RoboCar」シリーズ最新モデル発表へ SUVタイプの自動運転プラットフォーム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZMPは、自動運転プラットフォーム「RoboCar」シリーズの最新モデル「RoboCar SUV」を7月18日にベルサール飯田橋(東京都千代田区)で開催する「第10回ZMPフォーラム」にて発表する。

ZMPは、2009年以来自動車メーカ、部品サプライヤー、大学等に自動運転技術開発向けにコンピュータから制御可能な車両RoboCarシリーズを販売してきた。今回発表するRoboCar SUVは、従来のRoboCarシリーズの特徴はそのままに、これまでのラインナップにはないSUVタイプの車両をベースとした。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

RoboCar SUVはRoboCar HV/PHV/MiniVanと同様、車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつZMP独自のコントローラによって、アクセル、ブレーキとステアリングが制御できる。また、最大10個のカメラを用いた全周囲センシングや物体検出機能、制御コントローラーの冗長性向上、緊急ブレーキ装置を搭載可能で、自動運転技術の商業化を見据え、開発プラットフォームとしてセンシング機能や安全面の強化に取り組んでいる。

SUVは海外のVIP向けタクシーやハイヤーとしても人気があり、東京オリンピック・パラリンピックに向けインバウンド客に対応したモビリティサービスのプラットフォームとして活用が期待できる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します