現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 圧縮着火の超希薄燃焼を火花点火でアシストする──MAZDA SKYACTIV-X

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.7

圧縮着火の超希薄燃焼を火花点火でアシストする──MAZDA SKYACTIV-X

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■SKYACTIV-Xシリンダー配列 直列4気筒排気量 1997cc内径×行程 ─ mm×─ mm圧縮比 16.0最高出力 140kW(目標値)最大トルク 230Nm(目標値)給気方式 スーパーチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 試験機の写真が公開されただけで、未だ詳細は明らかにされていないエンジンである。ルーツブロワーによる過給が行なわれる模様だが、その過給機も公開はされていない。圧縮比は16.0と発表されているが、過去に出願された特許情報から見ても、運転状況によって可変圧縮とするのであろう。その手段がミラーサイクルによる疑似可変なのか、機械的な可変圧縮比なのかもまた、不明である。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 判明しているのは全運転領域でプラグ点火を行なうことで、これをマツダはSPCCI(Spark Plug Controlled Compression Ignition)と呼んでいる。かつてのホンダCVCCのように、少量の燃料を火種としてプラグで着火し、その際の燃焼圧力伝播によって圧縮着火を誘発する仕組みだと考えられる。これによってHCCI最大の問題点だった着火の不安定性を解消し、超リーン運転とすることでNOx発生を抑制するはずだ。ダイムラーをはじめ名だたる自動車メーカー道半ばで挫折した内燃機関起死回生の方法論は、2019年の量産化に向けて最後の煮詰めに入っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • saw*****|2018/07/08 17:31

    違反報告

    この写真を見る限り、過給器はイートン社のスクリューコンプレッサー。
    ルーツブロアではないね。
    結局、HCCIは断念して、プラグ付近にリッチ混合気を充てて火を着ける
    方式に妥協したみたいで、先に投稿した人が居たが、ホンダCVCCと
    考え方は近いよね。
    ただ、これだと、今、マツダのディーゼルで問題になってる煤が
    この方式でも心配じゃないのかねえ。
    余程、燃焼コントロールを緻密にして行かないと。
  • hin*****|2018/07/08 14:52

    違反報告

    前は
    スーパーチャージャーとは
    言っていなかったね。
    全運転領域でプラグ点火とも
    言っていなかったね。

    現在版の
    「ホンダCVCC」だと
    思うよ--。
    キャブレターを2個使って--
    混合気を作っていたのを
    (第3のバルブを使い副燃焼室に送っていたね。)
    燃料噴射をインテークと
    直噴で2度噴射して--ね。
    でも
    まだまだだね--。
    エンジン性能をかなり上げないと--
    売れないと思うよ--。
  • man*****|2018/07/08 14:40

    違反報告

    マツダの記事何か反応してあげて 一応車メーカーだから

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します