現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスベンツ、次世代デザインスタディ発表…未来の シルバーアロー は電動?

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

メルセデスベンツ、次世代デザインスタディ発表…未来の シルバーアロー は電動?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は7月5日、次世代デザインの方向性を示したデザインスタディ、「スカルプチャー・アスレティクス・プログレシブ・ラグジュアリー」を発表した。

このデザインスタディは1938年、公道での世界最高速記録を打ち立てたメルセデスベンツ『W125』に敬意を示してデザインされたもの。メルセデスベンツW125は、「シルバーアロー」と呼ばれた伝説のレーシングカーの1台。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

当時、V型12気筒エンジンを搭載したメルセデスベンツW125を、ルドルフ・カラツィオラがドライブ。ドイツ・アウトバーンにおいて、432.7km/hの最高速を計測した。この432.7km/hの公道での世界最高速記録は、2010年代に入るまで破られることはなかった。

スカルプチャー・アスレティクス・プログレシブ・ラグジュアリーでは、最新のエアロダイナミクス技術を導入。レーシングカーのような流麗なデザインを採用する。なおメルセデスベンツは、このスカルプチャー・アスレティクス・プログレシブ・ラグジュアリーの考え方を、電動ブランド「EQ」の将来のデザインに反映させる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します