現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入小型二輪車販売、ハーレーは12.0%減で2年連続マイナス 2018年上半期

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

輸入小型二輪車販売、ハーレーは12.0%減で2年連続マイナス 2018年上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車輸入組合(JAIA)は、2018年上半期(1-6月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年同期比3.7%減の9916台で、2年連続のマイナスとなった。

シェアトップのハーレーダビッドソンは同12.0%減の4382台で2年連続のマイナス。シェアは44.2%で4.2ポイントダウンした。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

2位のBMWは同3.3%増の2426台で2年連続のプラス、3位ドゥカティは同10.4%増の920台で2年ぶりのプラス。以下トライアンフは同12.9%減の895台で2年連続のマイナス、KTMは同35.9%増の715台で4年ぶりのプラストなッた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nob*****|2018/07/06 17:47

    違反報告

    ハーレーは団塊世代に行き渡った感強いです。二台、3台と買う人も少ないし、団塊ジュニアがそろそろ30後半以降なのですが、いろいろな種類のバイクを若い時に知ってるので、必ずしもハーレーを選ばないだろね。
    団塊世代みたいに、強いアメリカ、アメリカに対しての憧れがあって、ハーレーよオシャレを楽しみたい人は少数派かもしれません
  • col*****|2018/07/07 13:41

    違反報告

    ハーレーねぇ  イイよねぇ   ただ

    旧車会並みにマナーが悪さがねぇ

    集団心理なのだろうけど自重しなきゃねぇ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します