現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 20年の熟成を経てスズキ新型「ジムニー/ジムニーシエラ」がデビュー! 四角いボディが魅力的

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

20年の熟成を経てスズキ新型「ジムニー/ジムニーシエラ」がデビュー! 四角いボディが魅力的

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■20年ぶりのフルモデルチェンジで新たなジムニー伝説が始まる?

 スズキは、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデルチェンジし、2018年7月5日(木)に発表。フレームやデザインを刷新し、世界に認められる「コンパクト4×4」をコンセプトに開発されました。 

    ジムニーとジムニーシエラは街乗り車としてどうなのか?

 初代ジムニーは、1970年に軽自動車唯一の4WDオフローダーとして誕生。それから、2代目(1981年~)、3代目(1998年~)と半世紀にわたり進化を遂げているモデルです。

 新型「ジムニー/ジムニーシエラ」は、一般的な日常使いから林業など本格使いまで幅広いユーザー層を想定しています。

 内外装ともに「機能に徹した飾らない潔さ」というコンセプトでデザインを刷新しています。外装は、車両状況が把握しやすい角ばったスクエアボディを採用。内装は、厚手の手袋を着用しても操作が可能なスイッチ類を採用し、どんな状況でも運転に支障をきたさない機能的なレイアウトを実現。

 さらに、荷室容量の拡大や「脱着式後席シートベルト」「ユーティリティナット」などの装備により使い勝手を向上させています。

 ジムニーの特徴でもある「悪路走破性」を高めるため、新開発ラダーフレームの採用や伝統的な縦置きエンジンFRレイアウト、リジットサスペンションの改良により荒地や障害物などでの走行性能が格段に向上。さらに、「ブレーキLSDトラクションコントロール」や「ヒルホールドコントロール」などの機能でもドライバーをサポートします。

 パワートレインでは、新型「ジムニー」に搭載される660ccのターボエンジンを改良。新型「ジムニーシエラ」には、新開発の1.5リッターのエンジンを搭載しています。燃費は、「ジムニー」がWLTCモードで16.2km/L(5MT)、13.2km/L(4AT)。「ジムニーシエラ」は、WLTCモードで15.0km/L(5MT)、13.6km/L(4AT)です。

 トランスミッションは、副変速付きパートタイム4WDを継続採用することにより、舗装路などの通常走行から雪道、急勾配など大きな駆動力が必要になる走行までの3段階で切り替えする方法は変わっていません。

 先進安全技術には、「スズキセーフティサポート」を採用。新機能の標識認識機能や「フロントシートSRSサイドエアバッグ」「SRSカーテンエアバッグ」を全車標準装備しています。

 また、カラー設定については、メディア向けの事前取材会の際に「今回のボディカラーは『機能を表現する色・素材』を狙いとしています。『キネティックイエロー』は、目立つ性能を追求した要素を重要視しました。『ジャングルグリーン(ジムニーシエラ)』は、隠れる性能を追求しています。この2色に決定した背景には、実際に仕事使われている方や森林組合などへの調査結果で判明しました。」とスズキのデザイン担当者は述べていました。

 新型「ジムニー/ジムニーシエラ」のボディカラーは、ブラックトップ2トーンが1色(ジムニーXCに設定※受注生産)。2トーンカラーが3色(ジムニーXC/ジムニーシエラJCに設定)。モノトーンカラーは、9色展開しています。

<新型ジムニー>・XGグレード:145万8000円(5MT)/155万5200円(4AT)・XLグレード:158万2200円(5MT)/167万9400円(4AT)・XCグレード:174万4200円(5MT)/184万1400円(4AT)※消費税込み

<新型ジムニーシエラ>・JLグレード:176万0400円(5MT)/185万7600円(4AT)・JCグレード:192万2400円(5MT)/201万9600円(4AT) ※消費税込み

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します