現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フロントウインドウを大胆カット。フィアット500ベースの斬新コンセプトカー発表 市販の可能性も

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

フロントウインドウを大胆カット。フィアット500ベースの斬新コンセプトカー発表 市販の可能性も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアのデザインスタジオ、ガレージ・イタリアと、カロッツェリアのピニンファリーナは7月4日、フィアット「500」をベースにしたコンセプトカー「Spiaggina(スピアッジア)」を発表した。

フィアット創業家の一員ラポ・エルカーンが率いるガレージ・イタリアは、斬新なデザインセンスで自動車業界のみならずファッション業界からも大いに注目を集める存在。そんな気鋭のデザインスタジオが、老舗カロッツェリアと組んで新たなコンセプトモデルをプロデュースした。

英語のbeach(浜辺)に相当するSpiagginaと名付けられたこのオープンモデルは、日本でも人気のフィアット500をベースに、ルーフとリアシートを取り払い、フロントウインドウも大胆にカット。さらに、高級ヨットを模したラゲッジフロアボードや各所のクロームモールが華やかさを引き立てている。

実はこのSpiaggina、1958年に少数が生産された「500 Jolly(別名:Spiaggina)」の誕生60年を記念したオマージュモデルなのだ。ドアを取り払い、籐のシートを備えたオリジナルモデルは、地中海でのリゾートライフをイメージさせたものだった。そのエッセンスを現行モデルへと落とし込んだ手腕はさすがイタリアと感じさせるもの。さらに驚きなのはこのコンセプトの市販化が検討されているという事実だ。

とはいえ、フロントウインドウなし、屋根なしではちょっと……という向きには、本家FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)から、Spiagginaのエッセンスを受け継いだ限定モデルが登場するのでそちらに注目したい。オリジナルの誕生年にちなんで1958台が限定販売される「Spiaggina 58」は、500Cをベースにヴォラーレ・ブルーのペイントとホワイトのベルトラインでドレスアップ。ウインドスクリーンはもちろん、アイボリーのソフトトップも備えているから、これなら思う存分にドルチェ・ヴィータが楽しめそうだ。

夏はぜひこんなモデルで海辺を走り、蒸し暑さを吹き飛ばしたいものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します