現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2018年上半期国内販売で日産「ノート」が登録車No.1を、「セレナ」がミニバンNo.1を獲得

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.5

2018年上半期国内販売で日産「ノート」が登録車No.1を、「セレナ」がミニバンNo.1を獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2018年7月5日、「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で7万3380台を記録し、国内の登録車販売ランキングで第1位を、また「セレナ」は5万6095台を販売し、2018年上半期のミニバンNO.1を獲得したと発表した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数


「ノート」は2017年暦年および2017年度で、コンパクトセグメントのNO.1を獲得していたが、今回、日産車として48年ぶり(1970年上半期「サニー」以来)に、国内登録車NO.1の座を奪還した。その中心となっているのがe-POWERで、ノートを購入したユーザーの約7割が、e-POWER搭載車を選択している。
また「セレナ」は高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を中心に人気となっていたが、e-POWER搭載車の追加によって販売台数が伸び、ミニバンNo.1を獲得している。

日産 ノート 関連情報
日産 セレナ 関連情報
日産 関連情報

日産 ノート Webカタログ
日産 セレナ Webカタログ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します